日本の宇宙工学の梁山泊QPS研究所、大西社長が語る 「木星への夢」

日本の航空宇宙の研究分野の歴史を築いた学者が集まって作られた宇宙ベンチャー企業、QPS研究所。70歳を超えるシニア科学者4名と2人の若手リーダー2名の異色の研究開発集団だ。若手で社長に抜擢された大西俊輔さんに話を聞いた。

[公開日]

[著] 京部康男 (Biz/Zine編集部)

[タグ] テクノロジー 宇宙工学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大西俊輔さんは30歳。九州大学大学院工学府航空宇宙工学の研究室に入って、人工衛星の研究に没頭した。そこで出会った八坂教授に認められて同氏が取締役を務めるQPS研究所に入社。入社後まもなく社長に就任した。QPS研究所とは、2005年に設立された人工衛星の開発企業。すでに設立11年になるので、スタートアップとはいえないものの、日本の宇宙開発技術のベテランが集結したベンチャーである。

QPS研究所 大西俊輔社長

大学の研究室でQPS研究室と一緒に仕事をして、入社を決めた。その理由は地元九州に、宇宙関連の技術を根づかせたかったからだという。

九州の地には高い技術力があるのに、先輩方はみんな出ていってしまう。種子島でロケットの打ち上げはあるのに、宇宙産業はほとんどなくて、九州大学の卒業生も名古屋や東京に行ってしまう。そのことが残念でした。こんなに凄い先生がいるのなら、この九州という地域で宇宙産業を育てる方が良いと思ったんです。

左から、村山淳一氏、大西俊輔氏、船越国弘氏、八坂哲雄氏、櫻井晃氏、久能和夫氏、古賀洋平氏

バックナンバー