ソニー、Android向けニュースアプリ「News Suite」をローンチ

“2 in 1ニュースアプリ”コンセプトで、世の中のニュースと自分の関心事をチェック

 ソニーは、Android端末向け無料ニュースアプリ「ニューススイート(News Suite)」を1月18日から提供開始した。このアプリは、2012年に導入したニュースアプリ「Socialife News」の機能を大幅に刷新したもの。(画像は、2つのタブを表示した画面)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スマートデバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「News Suite」では、ユーザーのニュースの使い勝手を徹底的に研究し、ユーザーインターフェイス(UI)を、世の中のニュース一般を知る「ニュース」タブと、自分の趣味のニュースを知る「マイマガジン」タブで切り替える“2 in 1”コンセプトを新たに導入したという。

 これにより、世の中のニュースと自分の興味のあるニュースを分けて閲覧することができる。世の中の幅広い動きをスピーディーに把握しつつ、タブを切り替えることで自分の深く知りたいニュースにも、無駄なくリーチできるようになったとしている。

 「News Suite」の主な特徴は次のとおり。

 1. 「ニュース」タブと「マイマガジン」タブ切り替えで知りたい情報にリーチ

 世の中のニュースをジャンルごとにみる「ニュース」タブと自分好みのコンテンツにカスタマイズする「マイマガジン」タブの2つを設置。たとえば、まず今世の中で起きていることを「ニュース」タブでさっと把握した後、自分の趣味のニュースや好きなアーティストの記事を「マイマガジン」タブでじっくり読むという2種類の体験をかんたん切り替えで行うことができる。

 2. ジャンルごとのニュース一覧で、世の中のニュースをスピーディーに把握

 「ニュース」タブでは、世の中の今を瞬時に把握するため、エンタメ・スポーツ・ビジネス・グルメ・テクノロジーほかジャンルごとのニュースを用意。高速な操作画面でサクサクと旬なニュースをキャッチアップ。左右にフリックすることで、ジャンルの切り替えも片手でかんたんに行える。

 3. 自分の関心事を集められる「マイマガジン」タブ

 趣味のニュースを「マイマガジン」タブに全部集めてじっくり楽しむことができる。カスタマイズはニュースカタログ(RSSリスト)から選ぶか、好きなチームや有名人の名前をキーワードで入力するだけで可能。ひとつのキーワードに関するさまざまな記事が集まり蓄積されるため、そのキーワードの時系列の変化を把握しながら、かつ多角的な視点で理解することができる。