イタンジはなぜ「仲介手数料ゼロ」でも業界から嫌われないのか?

イタンジ・伊藤嘉盛代表インタビュー:前編

 「M&Aをもっと身近に」をキャッチコピーとする専門メディア「M&A Online」の協力により、記事転載(再編集)にて、M&Aの注目トピックを紹介する本コーナー。
 2015年8月のM&Aによって、ネット不動産仲介として断トツの地位を確立した「ノマド(nomad)」は、無店舗、直接物件見学可、といった既存の仲介業の常識を覆すサービスを「仲介手数料ゼロ」というインパクトで提供している。ノマドを運営するイタンジの代表の伊藤嘉盛氏へのインタビュー、 初回では便利な顧客向けサービスに隠されたイタンジの真の狙いについて迫る。今回はその前編。

[公開日]

[著] 伊藤 嘉盛 [取材・構成] M&A Online編集部 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] ベンチャー 事業開発 企業戦略 M&A 不動産Tech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗に人がいらなくなる“AI接客”が現実に

――ノマドは「クラウドサービス形態で仲介手数料はゼロ」という点にインパクトがありますが、実際の利用状況などはいかがですか?

 現在の成約件数は月間300件ほどで、毎月16%伸びています。サービス開始から1年足らずですが、東京エリアで展開する約4万の事業者のなかで25番目の位置にきました。
 その分利用者も増えていますが、我々は普通の店舗型の不動産会社と比べて約25倍の効率で対応しています。店舗型では一般的に1人あたり月間で対応できるのは40件ほどですが、我々は1000件に対応できているということです。

 もともと志のあるベンチャー企業でも、上場の夢を成就できるのはほんの数パーセントから10パーセント程度にすぎません。仮に1年間に150社のIPOをする企業があるとすると、上場を志望する企業の数はざっと見積もって1500社~2000社にも上ります。逆の言い方をすれば、全体の1割も上場できないのが実情です。従って、リーマンショックなどで上場する企業が少なくなっても、水面下で上場を目指している企業は一定の数に達しているわけです。

――なぜそんなに高い効率で対応できるのでしょうか?

 例えば、AIチャットによる自動応答によって接客の手間を大幅に省いています。これは「〇〇駅近くの賃貸物件は?」「駐車場は?」「礼金は何カ月分?」といったお客様からの問い合わせに対し自動で最適な答え返すものです。AIチャットに関しては5月から、Facebookと連動したサービスも開始しています。

タイトル――画面(右図)を見るとまるで、人間が接客しているようです。自動応答とは驚きです。
 いわゆるディープラーニングと言われるものです。物件情報や礼金といった不動産の基礎知識、接客マニュアルをまず学習させます。そして、ユーザーが打った文字を自然言語解析して、その質問を理解して答えています。
 人工知能が応答できない部分はもちろん人間がフォローします。現在、60%の質問をAIチャットで完結できる状態ですが、応答できなかった部分を学習していくことで、この割合はさらに高められます。

バックナンバー