JINS、ウェアラブルデバイスでAppleのResearchKitを使った医学研究プロジェクト

JINS MEMEで取得されるビッグデータからストレスを管理するソリューション開発

 ジェイアイエヌ(東京都千代田区)は、センシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」において、Appleが展開する医療研究用のオープンソースのソフトウエアフレームワーク「ResearchKit」を使用した産学連携の研究プロジェクト「STRESS & MOTIVATION」をスタートした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スマートデバイス データテクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプロジェクトは、「JINS MEME」のヘルスケア領域での可能性を模索する実験プラットフォーム「JINS MEME MEDICAL LAB.」における取り組みで、「ストレスチェック」をテーマに、集中力の可視化がもたらすパフォーマンス・生産性の向上について研究していくという。プロジェクト開始に合わせて、実験参加者を広く募集する。

 このプロジェクトでは、プロジェクトの研究リーダーである明治学院大学の伊藤健二客員教授が着手している、ビッグデータから導かれる性別・年齢・業種ごとの平均値と比較することによって、自己のモチベーションを喚起できることを認識し、「ストレス」だけでなく「モチベーション」も対象にすることにしたという。

 ストレスを単に「抑える」だけでなく、より創造的な仕事や生き方につながる意欲へ変容させていく、新しいストレスケアのあり方について、学術的アプローチを通じて模索していくとしている。

 このプロジェクトは、ResearchKitアプリケーションから取得される実験参加者のアンケートデータとJINS MEMEから取得されるさまざまな生体データをかけ合わせることで、「ストレス」を可視化し管理するためのソリューション開発を目指すという。

 ■プロジェクト概要

  • プロジェクト名:JINS MEME MEDICAL LAB.「STRESS & MOTIVATION」
  • 実験期間:2016年10月5日(水)~2017年12月31日(日)
  • 実験参加方法:
    「JINS MEME ES」の所持者:(1)アプリをダウンロードして実験に参加、(2)1日2回(午前・午後)・5日間の測定を行う
    「JINS MEME ES」の非所持者:(1)JINS MEME Flagship Store原宿で無料貸し出しを受け(無料レンタルは2016年12月末まで)、(2)アプリをダウンロードして実験に参加(アイウエアは実験終了後返却)
  • プロジェクトの詳細:Webサイト