PR

「Agile Open Innovation」が可能にする次世代プロトタイピング──クライアントとデザイナーとエンジニアの幸せなコラボレーションの形

[公開日]

[語り手] 工藤 元気 齊藤 祐輔 柳瀬 薫 木村 昌代 [取材・構成] やつづかえり [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] プロトタイピング 事業開発 オープンイノベーション UI UX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーとエンジニアは、“せめぎ合う関係”から“協働する関係”へ

 同社は「View Generator(仮)」により、デザイナーとエンジニアそれぞれの手間を大幅に軽減することに成功した。

 以前であれば、デザイナーはエンジニア向けの仕様書を作るなど、実現したいデザインを伝えるためのコミュニケーションにかなり労力がかかっていた。「View Generator(仮)」では、デザインファイルから自動的にアプリのプログラムが生成されるため、その分の工数が削減された。エンジニア側も同様に、デザイン仕様書を読み解いてプログラムに落とし込む作業が不要になった。以前であれば、デザインを追求したいデザイナーと「組み込みやすい簡単なデザインにして欲しい」というエンジニアのせめぎあいもあったが、今は本当に実現したいデザインを追求できるようになったという。

木村 昌代株式会社ゆめみ Web Designer 木村 昌代 氏

 また、従来エンジニアは既に決定したデザインを渡されてそれを実現するという受け身の立場であることが多かったが、「Agile O.I.」の考え方では、デザインの段階からエンジニアも参加し、アプリの動きや技術的な制約も考慮に入れながらデザインを検討する。それにより、デザインとして描かれたことが、技術的には不可能であったというような問題も防ぐことができている。

柳瀬 薫株式会社ゆめみ ソフトウェアエンジニア 柳瀬 薫 氏

 同社のCTO 齊藤祐輔氏は、この開発手法の新しさを次のように説明した。

齊藤 祐輔株式会社ゆめみ CTO / 最高技術責任者 齊藤 祐輔 氏

これまでもUIデザインの領域ではプロトタイピングがあり、開発の領域ではアジャイル開発というものがありました。
プロトタイピングは、デザインを作っては直し、直しては作るという形でぐるぐる回しましょう、というもの。お客さんから見えるデザイン部分だけの話をします。それに対してアジャイルは、(小さな機能ごとに開発と評価、改善を繰り返していく手法で)どちらかというと開発側の手法です。デザインはそこに茶々を入れるような感じで関わることはありますが、開発側がどう動くかについての考え方なんです。
それぞれの「いいとこ取り」をしたのが「Agile Open Innovation」です。デザインと開発が一緒にまわせるようになったというのが、すごく大事なところです。

これからのプロトタイピング

バックナンバー