PR

「Agile Open Innovation」が可能にする次世代プロトタイピング──クライアントとデザイナーとエンジニアの幸せなコラボレーションの形

[公開日]

[語り手] 工藤 元気 齊藤 祐輔 柳瀬 薫 木村 昌代 [取材・構成] やつづかえり [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] プロトタイピング 事業開発 オープンイノベーション UI UX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずアウトプット。それから意見をインプットしてブラッシュアップしていく

 クライアントにとっての最大のメリットは、かなり早いタイミングでアプリのでき上がりのイメージが持てるという点だ。同社 取締役の工藤元気氏は、次のように語った。

たとえばPowerPointに画面デザインのキャプチャを貼って「こういうイメージです」とお渡しするのと、実機上で動くプロトタイプを触ってもらうのとでは、かなり違います。画像では綺麗に見えても、触ってみると「ここ、ちょっと押しづらくない?」とか、「この文字の大きさは読みづらい」とか、そういったことに気づくんです。そのタイミングを早くすることによって、よりよいUX/UIを追求することができるというのがお客様にとってのメリットだと思います。

 また、企画やデザインの段階で描いていたことが開発段階で実現できないといったリスクを防ぐことができるということは、開発者だけでなくクライアントにとってもメリットだ。工藤氏はそれを「絵に描いた餅を描かず、餅をつく。しかも、つまんでみることもできる」と表現した。

工藤 元気株式会社ゆめみ 取締役 工藤 元気 氏

 さらに、「View Generator(仮)」を使った開発では、動くプロトタイプが常に最新の状態であるということになるので、書類ベースで仕様やデザインをやり取りしているときに起こりがちな、最新の情報がどれかわからなくなるといった混乱も防ぐことができる。クライアントとミーティングをしながらデザインを修正してもその場でプログラムに反映するので、会社に持ち帰ってからエンジニアに対応してもらうという必要もなくなるのだ。

 工藤氏は、「Agile O.I.」というサービス名が持つ裏の意味を次のように語った。

「O.I.」は「Open Innovation」の他に、「Output Input」にもかけています。(システム開発の現場では)一般的には「Input Output」と言いますが、順番を逆にし、まずはアウトプットし、意見を聞いてインプットし直すという意味を込めました。企画から開発まで、すべてのプロセスをアジャイルにすることで、サービスのブラッシュアップにより力を入れることができるのです。

▼ Biz/Zine(ビズジン)の記事更新情報はこちら▼

*気になるセミナーレポートや連載記事の更新情報に関しては、下記Facebookページに「いいね!」をお願い致します。また、下記Twitterの「フォロー」をお願い致します。これによって、Facebook上でBiz/Zine(ビズジン)の記事更新情報などが配信され、Twitterのツイートが配信されるようになります。
●Facebookページ:https://www.facebook.com/bizzine
●Twitter:https://twitter.com/SE_bizzine

バックナンバー