イントラプレナーが組織を動かすための3つの武器「顧客データ・未来の物語・原点回帰」

「イントラプレナーシップ・カンファレンス2016」のエッセンス Vol.3

 2016年11月、世界中から企業イノベーションの担い手たちが集結する「イントラプレナーシップ・カンファレンス」が米国シリコンバレーで開催された。昨年に続き、唯一の日本人として参加した株式会社biotope小林泰紘氏が、「イノベーションを持続的に生み出し続けるために求められる視点転換」をテーマに、個人や組織が企業イノベーションを加速させていくための最先端の実践知をお伝えする。前回、前々回に続く今回は、イントラプレナーが組織を巻き込んでいくために必要な3つの武器「顧客データ・未来の物語・原点回帰」を紹介する。

[公開日]

[著] 小林 泰紘(株式会社biotope)

[タグ] 事業開発 ビジョン イントラプレナー エビデンス・ベースド・アプローチ 顧客エビデンス 顧客インサイト ネラティブ・アプローチ SFプロトタイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織を動かしていくためにイントラプレナーに求められる「文脈を創り出す力」

 企業に属するイントラプレナーにとっては、アイデア自体を生み出すことよりも、アイデアを事業として世に送り出していく「実行」フェーズの難易度が高い。既存事業の実行・改善に最適化された制度や仕組み、社内政治や周囲からの感情的な反発など、企業の中で新しい取り組みを起こそうとする際には様々な壁が立ちはだかるからだ。

 では、そうした “組織の免疫システム “を乗り越え、組織を動かしていくためにイントラプレナーに求められることは何か。それを一言で言えば、組織の中で「コンテクスト(文脈)を創り出す力」、つまり市場や社会の変化の中で、自社が「今」その事業を進めていかなければならない理由やストーリーを創っていく力だ。

 今回は、世界で活躍するイントラプレナーたちが実践している「3つの知恵」を紐解きながら、思いやビジョンを実現しようとする個人が組織でどのように文脈を創り出し、組織を動かしているのかを考えていく。

バックナンバー