ブイキューブ、動画も活用した企業向け学習管理システム「V-CUBEラーニング」を提供

ビデオソリューションやWebセミナーサービスとの連携も可能

 ブイキューブは、企業向け学習管理システム「V-CUBEラーニング」を、4月17日から提供開始すると発表した。(画像は「V−CUBEラーニング」の画面イメージ)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 人材教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この学習管理システムは、ブイキューブグループのWizlearn Technologies社が、シンガポールにある多くの教育機関や企業に提供している学習管理システムをベースに、ブイキューブグループの他サービスと連携させ、日本企業向けに開発したもの。

 今後、企業内研修やセミナーでは、従来の文書や資料を使ったeラーニングに加えて、動画の活用が増えていくことが見込まれているという。「V-CUBEラーニング」はeラーニングだけではなく、エンタープライズ向けビデオソリューション「QUMU」との連携による動画コンテンツの作成・編集や、Webセミナーサービス「V-CUBEセミナー」との連携によるリアルタイムの遠隔講義も可能だという。

 「V-CUBEラーニング」により、「だれでも」簡単に研修コース・コンテンツ作成ができ、「いつでも」「どこでも」受講が可能な教育プラットフォームとして、企業の教育内容に最適な研修を実施することができるとしている。

 ■「V-CUBE ラーニング」の主な特徴

 ・インストール不要で、「だれでも」コンテンツ作成・研修コース作成が可能:「V-CUBEラーニング」は、コンテンツ作成のためのツールをインストールする必要がなく、ブラウザ上で作成可能。豊富なテンプレートがあり、誰でも簡単にコンテンツを作成できる。動画コンテンツの作成や編集、Webセミナーのリアルタイム配信も可能。

 ・マルチデバイス対応で、「いつでも」「どこでも」受講が可能:受講者は、PC、タブレット、スマートフォン等の多様なデバイスから受講可能で、時間や場所を選ばず「いつでも」「どこでも」学習できる。

 ・学習履歴、システム利用履歴の管理が可能:研修管理者は、組織・個人単位で学習履歴を確認できる。加えて、「いつ、どのような端末」から利用されているかなどのシステム利用状況も確認できる。

 ・講師、研修管理者、受講者間のコミュニケーションが可能:研修に関わる講師、研修管理者、受講者は、テキストチャットなどを利用したコミュニケーションが可能。また、複数の研修管理者間で、作成したコンテンツの共有が可能なことから、知見やアイディアを有効活用できる。