freeeと千葉銀行が起業支援強化、「会社設立freee」から法人口座開設情報を転記

会社設立と法人口座開設の手続きをワンストップで完結できるサービス連携

 freeeは、千葉銀行と地方銀行としては初の取り組みとなるfreeeの提供する「会社設立 freee」と、千葉銀行の提供する「法人口座開設インターネット受付」の連携を開始したことを発表した。千葉銀行とは2015年12月から協業に関する検討を開始しており、今回、第1弾の協業施策になる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ 金融

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freee は、会社設立に必要な書類を最短5分で作成できるサービス「会社設立 freee」を2015年6月にリリースし、これまで4,000以上の法人設立を支援してきた。

 事業を始める際には、法人の設立登記と共に事業用の法人口座の開設が必要となる。起業者にとって法人口座開設のニーズは高いものの、これまで、その手続きには複数回の来店や書類への同一内容の反復記入など、時間と手間がかかっていた。

 今回の取組みにより「会社設立 freee」の画面上に下記のバナーが表示され、こちらをワンクリックすると、「会社設立 freee」に入力した登記書類等作成のためのデータが千葉銀行の“法人口座開設申込みフォーム”に自動的に転記される。

 なお、このサービスを利用した場合でも、千葉銀行側による所定の審査の結果、口座開設を断ることあるという。