Airbnbの「体験」でサービス対象エリアが30都市を突破

「体験」の予約が多い都市TOP5と最新進出都市のおすすめ体験を公開

 Airbnbは、昨秋の「トリップ(Trips)」の登場を境に、宿泊以外にも事業を拡大した。当初、「体験」登録件数は12都市500件だけだったが、現在では3倍以上に増え、サービス対象エリアも30都市を突破した。そこでこのたび、「体験」の予約が多い世界の人気都市TOP5に加え、最近進出した都市のおすすめ体験を公開した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■「体験」の予約が多い世界の人気都市TOP5

  「体験」予約数ではバルセロナ、ロサンゼルス、パリ、サンフランシスコ、東京がTOP5。

 ■プラットフォーム掲載中の「体験」は現在1,800件超

 ・「体験」で採用したきめ細かなアプローチはそのまま結果となってあらわれており、レビューを受けた「体験」の90%は5つ星を獲得している。

 ・「体験」利用数もここにきて急増。月間利用ゲスト数は1月から500%増えて6倍になった。

 ・平均的ゲストが支払う料金は、「体験」1回1人あたり66ドル。

 ・「体験」の成長率が目覚ましい都市としてはバルセロナがあげられる:2月末に「体験」30件でスタート後、あっという間に130件を超え、世界でもっとも「体験」が人気の都市になった。週あたりの予約受注数はほかのどの市場よりも多い。

 ■最近進出した都市のおすすめ体験

 ・リオデジャネイロ/アフロバイブを学ぼう:アフロバイブとはアフリカ、カリブ、アジア、3つのルーツを融合したダンス。基本をみっちり仕込んだ後には近くのスポットで地元のダンサーや振付師と混じって踊る。

 ・メキシコシティ/メキシコ料理教室:1913年に建てられたお家で本場のメキシコ料理の手ほどきを受ける。2人のローカルシェフと一緒に近くの市場で食材を選び、食事をつくりながら秘訣を学ぶことができる。

 ・リスボン/魚のグル:リスボンは魚で有名。日本人も顔負けなほど魚をよく食べ、また、かなり美味しいことでも知られる。そのリスボンのシェフから魚のおろし方のコツを学ぶ。

 ・プラハ/プラハの大河でシングルスカル:世界のスカラー垂涎。「モルダウの流れ」で知られる世界遺産ヴルタヴァ川から眺める美都プラハはまた格別。ホストは元世界チャンピオン。

 ・ベルリン/1日ギャラリスト:現代アートで注目を集めるベルリンで1日ギャラリスト。ホストはミッテに長いアートコレクターサイトのディレクターで、一般非公開のアートスペース、ミッテ地区の画廊を回る。

 ・モスクワ/歴史&本のアドベンチャー:世界最大級のロシア国立図書館で秘蔵本をアンロック。ドストエフスキーや12世紀の手書き原稿、フリーメーソン本、古代の宗教本、ソビエト時代の発禁本など、クレムリンの知られざる心臓部に侵入。