Preferred Networksがトヨタ自動車から約105億円の資金調達、AIと自動運転を加速

株式会社Preferred Networks(以下PFN)は、トヨタ自動車と自動運転技術など、モビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発を加速させるため、トヨタから約105億円の追加出資を受けることで合意したと発表した。(写真はPreferred Networks 代表取締役社長 CEO 西川徹氏)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 自動運転 AI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PFNが第三者割当増資により発行する株式をトヨタが引き受ける。これにより、トヨタはPFNの外部筆頭株主となる。

PFNはこれまでもNTT、ファナック、トヨタの外部資本を入れてきた。PFNとトヨタは、2014年10月から共同研究・開発を開始し、関係強化を目的に2015年12月、トヨタがPFNに10億円を出資している。

PFNはAI技術の核となる深層学習(ディープラーニング)によって、「自動運転をはじめとする交通分野」「産業ロボットをはじめとする製造業分野」「がんの診断などのライフサイエンス分野」の3つの分野に注力している。また「Chainer」というAIのフレームワークなどでも知られる。

これまで両社で実施した、物体認識技術や車両情報の解析技術などの共同研究・開発を通じ、PFNが持つ知能化関連技術(機械学習、深層学習、ビッグデータ処理等)は、自動運転など次世代のモビリティ技術をめざすトヨタにとって必要不可欠であると、高く評価したという。