クラウディアン、日本発の革新的ベンチャー企業5社に選出

米スタンフォード大で開催される「Japan-US Innovation Award」で

 クラウディアン(東京都渋谷区)は、7月10日(現地時間)にスタンフォード大学で開催される、「第5回 Japan-US Innovation Award」における、日本発で、高い革新性を有する事業初期段階の企業や組織団体を選出する「2015 Innovation ShowCase」の1社に選ばれたことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ベンチャー クラウドコンピューティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Japan-US Innovation Awardプログラム」は、2011年からJapan Society of Northern California とStanford University US-Asia Technology Management Centerにより運営されている。

 このプログラムでは、今年度が初となるInnovation ShowCaseとして、革新性、チームの質、成功の見込み、シリコンバレー/米国事業との関連性、米国市場における認知度を評価の基準とし、クラウディアンを含む日本発ベンチャー企業5社を選出した。

 クラウディアンは、日本と米国を開発拠点をもち、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス環境でハイブリッドに活用できるSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)である「CLOUDIAN HyperStore」をソフトウェア製品およびハードウェアアプライアンス製品として提供している。

 「CLOUDIAN HyperStore」は、「ニフティクラウドストレージ」、NTT Comの「Biz ホスティング Cloudn Object Storage」、「フレッツ・あずけーる」など、国内外数十社の大手クラウドサービス事業者やエンタープライズ企業に採用されている。