ブリスコラ、API管理ソフト「Kong」の エンタプライズ向け製品を2017年1月から販売開始

株式会社ブリスコラ

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 クラウドコンピューティング専門の事業企画・開発の株式会社ブリスコラ(本社:東京都港区、代表取締役:末貞 慶太郎、以下、ブリスコラ)は、米Mashape社(本社:米カリフォルニア州、CEO:Augusto Marietti、以下、Mashape)が認定するパートナーとして国内で初めて、API管理ソフトウェア「Kong」のエンタプライズ向け製品を中核とした「Mashape Enterprise(以下、本製品)」の販売を、2017年1月より開始いたします。

 APIは、もともとプログラム同士をつなぐ技術でしたが、インターネットを介して利用できるようになり、ビジネスとビジネスをつなぐ技術として注目され始めました。タクシー配車ビジネスで知られるUber(ウーバー)は、配車ビジネスそのものをAPIとして公開し、他社が利用可能にしたことから、レストラン、ホテル、地図情報等周辺サービスでの活用が進み、ビジネスが拡散しました。このようなAPIを活用したビジネスはAPIエコノミーと呼ばれ、今後の重要な企業戦略の一つとなっています。

 API連携を容易にする「Kong」は、Mashapeが開発したAPI管理ソフトで、2015年4月にオープンソース化されました。「Kong」はこれまで米国を中心に、物流・金融等さまざまな企業での採用が進んでおり、今後は日本でも活用が進むものと見られています。オープンソースソフトである「Kong」は、無料でダウンロードし使用することができますが、実際は、設計・開発や運用段階で技術サポートが必要となる場合が多く、Mashape自身が有償で品質を保証し支援を行う、安全性の高い製品提供と技術サポートへのニーズが高まっていました。

 一方で、ブリスコラは、2016年6月に、国内で初めて企業向けに、「Kong」の商用サポートサービス(技術サポートや保守等)を行う事業を開始しており、これまでにアサヒ電子株式会社の睡眠モニタリングシステム、福島県会津若松市で総務省が進める医療IoTサービス事業において「Kong」の導入、支援を行ってまいりました。APIを活用した新しいデジタルビジネスが急拡大する中、より付加価値の高いソリューションを提供するため、このたび、Mashapeとパートナー契約を締結し、2017年1月より、「Mashape Enterprise」の販売を開始いたします。

 ブリスコラは、販売代理店として本製品の販売を進めるとともに、製品に関するトレーニング、APIを活用したビジネス展開へのコンサルティング、各種プラグインの設計・開発等、周辺サービスを提供していく方針です。


■Mashape Enterprise 概要
Mashape Enterpriseは、API管理ソフトウェア「Kong」を企業レベルでサポートするエンタプライズ向け製品「API Gateway」に、「Developer Portal」、「API Analytics」の2つを加えた、企業のAPI活用とマイクロサービスの統合プラットホームです。マイクロサービスは、変化の早い事業環境において、サービスやアプリケーションの新規展開や変更に柔軟に対応できるアーキテクチャーとして、大きな注目を集めています。

・API Gateway
オープンソース型のAPI管理ソフトウェア「Kong」をベースに商用化したソフトウェアです。APIを安全に実行・運用するために、認証やアクセス制御機能、レート制限等のトラフィック制御機能、ログの取得やモニタリング機能等、API管理に求められる機能を標準で装備しています。

・Developer Portal
APIの公開・管理から、API開発者とのエコシステム構築のためのポータルサイト管理ソフトウェアです。お客様のブランドやカラーに合わせて、ポータルサイトを柔軟にカスタマイズできる他、レビューやフォロー等のコミュニティ機能、SwaggerやAPI Blueprintで作成したドキュメントをインポートする機能等を提供しています。

・API Analytics
APIの使用・実行状況やAPIの価値に関わるトラフィック、登録者数等をリアルタイムにモニタリング・分析するためのソフトウェアです。APIのログ監視やデバッギングツールとしても使用することができます。


Mashape CEOのAugusto Marietti氏は次のように述べています。
「ブリスコラとのパートナーシップにより、日本のお客様にKongとMashape製品を安心してご利用いただけるようになり大変嬉しく思います。世界各国で多くの実績があるMashape製品が、今後は日本でも、サーバー不要環境のAPIエコノミーと企業のマイクロサービスアーキテクチャー実現のお役にたてると確信しています。」


■Mashape Inc.について
Mashapeは、APIを管理するクラウドサービスとオープンソースツールの提供のため、2010年に設立された企業で、出資者として、Amazonのジェフ・ベゾスやGoogleのエリック・シュミット等が名前を連ねています。Mashapeが運営する「API Marketplace」は、多様なAPIのマーケットおよびゲートウェイとなるクラウドサービスで、20万人以上の開発者から月間数十億のリクエストを処理している実績があります。2015年にそこで使われている「Kong」をオープンソースソフトウェアとしてリリースし、100万を超えるダウンロードと10万を超えるインストール数に達しています。最近はそのエンタプライズ版であるMashape Enterpriseの企業での利用が急拡大しています。


■株式会社ブリスコラについて
株式会社ブリスコラは、国内唯一のクラウドコンピューティング専門の事業企画・開発会社です。クラウドをはじめとする最先端デジタルテクノロジ(ビッグデータ/アナリティクス、IoT/M2M、センサークラウド、機械学習等)を活用した事業戦略策定、イノベーション創出を支援するコンサルティングを提供するほか、データ連携クラウドサービス、API管理(APIマネジメント)に関するサービス等を提供しています。
ブリスコラは、デジタルテクノロジに関する豊富な経験と実績から、社会に必要とされる新しいサービスビジネスをつくりあげて、より良い社会づくりに貢献してまいります。
公式Webサイト:http://www.briscola.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ
 株式会社ブリスコラ 広報部 担当:西川
 東京都港区赤坂二丁目20番5号 デニス赤坂
 Tel:03-6441-2614 Fax:03-6441-2615
 Email:press@briscola.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
株式会社ブリスコラ