SQOOL後援にて「第15回ゲームライターコミュニティセミナー」を開催!フリーライターの宮崎智之氏が登壇!

株式会社SQOOL

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーム情報サイト「ゲーム攻略!SQOOL.NET(https://sqool.net/ )」を運営する株式会社SQOOL(本社:千葉県千葉市 代表取締役:加藤賢治)は、2017年3月27日に開催される「第15回 ゲームライターコミュニティセミナー(主催:ゲームライターコミュニティ 代表:小野憲史)」の後援を行うことを、2017年2月17日に発表しました。

「ゲームライターコミュティ」は、2015年より運営されているゲームライターを主体とした任意団体で、ゲームメディア関係者の縦横斜めの関係づくりを目指して不定期でセミナーを開催しています。

2017年3月27日に開催される「第15回 ゲームライターコミュニティセミナー」は、ゲームライターコミュニティ主催、SQOOL後援により開催される予定で、ゲスト講師としてフリーライターの宮崎智之氏を迎え、ゲームライターのキャリア形成について議論します。

本年2月7日に宮崎氏が発信したコラム記事「ライターが”読モ”化している件について(https://goo.gl/oCjJNY )」が大きな反響を呼んだことからも分かるように、SNSやウェブメディアの台頭により「ライター」の立ち位置が大きく変化してきています。ライターは単に執筆さえすれば良い、とは言い切れなくなってきました。
ゲームの領域においてはゲームライターがゲームメーカーの宣伝広報的な役割を担うこともあり、また場合によってはゲームクリエイター的な立ち回りをするなど、ここでも「ライター」の立場は多様性を持つようになってきました。

「ライター」は専門職として執筆のスキルを磨くべきなのか、それとも個性や執筆意外の立ち回りを身につけ可能性を広げていくべきなのか。
第15回 ゲームライターコミュニティセミナーでは宮崎氏の講演を基に、主にゲームライターの立場から議論します。

■第15回 ゲームライターコミュニティーセミナー 概要
開催日時:2017年3月27日 19:00~21:00
開催場所:東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F ワン・デイ・オフィス・トーキョー
参加費:1,000円
参加申し込みページ:http://peatix.com/event/239048

■ゲームライターコミュニティ代表 小野憲史氏 経歴
「ゲーム批評」編集長などを経て2000年よりフリーランスのゲームジャーナリスト。E3・GDCをはじめ、世界各地のゲームイベントなどを取材。ゲームレビューなども精力的に行っている。2015年にゲームライターコミュニティを立ち上げ、ゲームメディア関係者の縦横斜めの関係づくりをめざして、不定期でセミナーを開催している。著書・編書に「ゲーム開発者が知るべき97のこと」(オライリージャパン)など。
NPO法人IGDA日本(http://www.igda.jp/)でも活動中

■フリーライター 宮崎智之氏 経歴
1982年3月生まれ、東京都出身。フリーライター。Web上でのコラムのほか、書籍の編集や構成を多く手がける。2016年は『広報の仕掛け人たち PRのプロフェッショナルはどう動いたか』(宣伝会議)、『民主主義は止まらない』(SEALDs、河出書房新社)『総力取材! トランプ政権と日本』(NHK出版新書)など。
Twitter:https://twitter.com/miyazakid

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社SQOOL 担当:加藤
info@sqool.co.jp
https://sqool.co.jp/

株式会社SQOOL