「Paidy」が EC・ファンクラブサイト構築クラウドサービス「MODD WEB Service」と連携

株式会社エクスチェンジコーポレーション

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社エクスチェンジコーポレーション(東京都港区、代表取締役:ラッセル・カマー、以下ExCo)の提供するオンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」は本日、株式会社クロスワープ(東京都千代田区、代表取締役社長:山﨑真吾、以下クロスワープ)が提供するEC・ファンクラブサイト構築クラウドサービス「MODD Web Service」に標準連携しました。

「MODD Web Service」は、インフラからアプリケーションまでを含めて、高い性能とセキュリティレベルを持つシステムを提供しており、期間が経過しても陳腐化しない、常に進化し続けるサービスです。今回連携するのは、独自ドメインEC サイト構築・運用サービスの「MODD SaaS ECM」です。このサービスを利用しているEC 事業者は新たな決済手段として「Paidy」を導入することが可能*になります。
*「Paidy」の導入条件は、加盟店によって異なります。導入にあたっては、別途、ExCo との加盟店契約が必要です。

Paidy は、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号を使用してリアルタイムで決済を行うことができるサービスです。クレジットカード情報などの事前登録は必要なく、本人確認はSMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードによって瞬時に行われるため、ユーザーが「買いたい」と思ったその時に、簡単にお買い物をすることができます。Paidy で決済した料金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや金融機関でお支払いいただけます。一括払いはもちろん、分割払いにも対応しているため、ユーザーは安心・簡単・便利にオンラインショッピングを楽しむことができます。


【株式会社エクスチェンジコーポレーションについて】
株式会社エクスチェンジコーポレーションは、より良いファイナンシャル・サービスを実現することを目的に2008 年に設立されました。幅広い年齢層のお客様が利用可能なリアルタイムオンライン決済サービス「Paidy」 をメインサービスとして提供しています。
所在地:東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル3F
代表取締役:ラッセル・カマ設立:2008 年3 月
URL:https://paidy.com

【Paidy について】
「Paidy」は幅広い年齢層のお客様が利用可能なオンライン決済サービスです。クレジットカードや事前登録を必要とせず、メールアドレスと携帯電話番号だけで、リアルタイムで決済を行うことができます。メールアドレスと携帯電話番号を入力後、SMS もしくは自動音声で案内する認証コードで本人確認を行う二段階認証により、不正利用を防ぐことができます。利用者は、当月の利用総額を翌月 10 日までにコンビニや銀行でお支払いいただけます。誰でも簡便かつ安全に決済ができるため、EC 事業者はコンバージョン率やリピート率、顧客単価の向上が期待できます。


【株式会社クロスワープについて】
“「ニッチNo.1」なコンピューティングサービスを創造する。”を企業ミッションに掲げ、e コマース運営、ファンクラブ運営、著作権保護及び流通促進支援、情報漏洩対策の各分野におけるクラウドサービスを開発し提供しています。
所在地:東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル 5F
代表取締役:山﨑 真吾
設立:2001 年10 月
URL:https://www.crosswarp.com/

【MODD Web Service について】
<サービスラインアップ>
■MODD SaaS ECM(E-Commerce Manager)
独自ドメインEC サイトの構築・運用までを支援するSaaS の決定版。
インフラからアプリケーションまでを含めて、高い性能とセキュリティレベルを持つ
EC 専用のシステムを低コストで提供。期間が経過しても陳腐化しない、
常に進化し続けるサービスです。
■MODD SaaS FCM(Fan Club Manager)
ファンクラブサイト構築・運用支援の専用クラウドサービス。
ファンのニーズを満たすサービス作りから、バックオフィスでの管理業務の効率化も含め、
ファンクラブ運営ならではの課題を解決します。


【エクスチェンジコーポレーションおよびPaidy に関するお問い合わせ先】
株式会社エクスチェンジコーポレーション
担当:菅原
TEL:03-5545-5975
Email:pr@paidy.com
株式会社エクスチェンジコーポレーション