名新パイピング株式会社、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

株式会社オロ

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、名新パイピング株式会社(愛知県名古屋市 代表者 新里 尚紀、以下名新パイピング)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

名新パイピングは配管工事を中心に、製缶、据付、保温、足場工事など、現場での工事から工場での製作まで一貫してサービスの提供を行う工事会社です。同社においては、案件管理が煩雑化していて過去案件の振り返りが出来ておらず、システム化によるナレッジの蓄積が必要になっていました。また見積書の管理等も属人化しており、案件単位の損益も不透明な状況であったため、業務・案件管理の効率化を実現するシステムの導入を検討していました。

■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1. 過去~未来まで案件単位で収支を管理することにより、案件管理・損益分析にかかる業務負担を軽減することが出来る点。
2. 業務フローを一元化・標準化することにより、業務の属人化を軽減可能な点。
3. 仕入れや外注管理を案件単位で集計し、システム化することにより整合性のとれたデータを確保することが出来る点。

オロは今後も設備工事・管理業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

【ZAC Enterpriseについて】 https://www.oro.com/zac/

ZAC製品WEBサイトでは、さまざまなユーザー企業のERP導入事例インタビューを公開しています。
【ZAC導入事例インタビュー】 https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:藤澤
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com


株式会社オロ