仕事に活かせる「ワークショップデザイン」。井庭崇氏、古林拓也氏がファシリテーション技法を伝授。

UDSが運営する「INBOUND LEAGUE」が『ワークショップ・デザイン&ファシリテーション』ラボを12/4から開催する。慶應義塾大学准教授の井庭崇氏のフューチャーランゲージ、古林拓也氏によるグラフィック・レコーディングや、レゴシリアスプレイなどを通じで対話とアイデア創造の方法を共有する全4回で開催。単発や2回め以降の参加も可能。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ファシリテーション パターンランゲージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

✓ミーティングの参加者から意見を引き出したい
✓創造的なアイデアを生み出すワークショップを実現させたい
✓ファシリテーションスキルを磨きたい

こうしたニーズを持つ人のための実践型のワークショップ・セミナー。各講師やUDSの事例を元に「実践的なファシリテーション」の技法を身につける内容となる。

今回のプロデュースを行うUDSの中川敬文氏は「参加者と共に意見を述べアイデアを生み出していくファシリテーター=ジェネレーター」の役割を提唱している。井庭崇氏のパターンランゲージ、古林拓也氏のグラフィック・レコーディングなどの手法を交えクリエイティブな場の作り方を共有する予定。

『ワークショップ・デザイン&ファシリテーション』ラボ

「ことば」「ビジュアル」「3D」3つのユニークなワークショップ・メソッドから、新しいファシリテーションスキルを学ぶ全4回。

◎ことば:未来のビジョンを未来のことばで創る『フューチャー・ランゲージ』と、発電機をイメージさせる『ジェネレーター』の役割

◎ビジュアル:議論や対話のプロセスをビジュアルとしてリアルタイムで描きだす『グラフィックレコーディング』

◎3D:レゴ(R)ブロックを活用しながら手と頭を使って創造的思考・イマジネーションを拡げる大人向けのプログラム『レゴ®シリアスプレイ』

3つの手法を体験、それぞれの技法で求められるファシリテーションスキルを学びながら、ワークショップのデザイン、ファシリテーターとして活躍する力を高め合います。

受講のご案内はこちらから

  • 講座費(全4回):30,000円 / LEAGUE会員24,000円
            単回8000円(6500円)
  • 各回19:00-21:30/150分
  • 定員 :20名
  • 会場 :INBOUND LEAGUE(新宿三丁目駅から徒歩2分)
    http://inbound-league.jp/
  • 申込フォーム: http://ptix.at/fvaxkC

<ジェネレーター>
中川 敬文 (Keibun Nakagawa)(UDS株式会社 代表取締役)


第1回 12/4(月):『フューチャー・ランゲージ』
ゲスト: 井庭 崇 (Takashi Iba)
(慶應義塾大学 SFC 総合政策学部 准教授、(株)クリエイティブシフト 代表取締役)

第2回 12/18(月):『グラフィック・レコーディング』
ゲスト: 古林 拓也 (Furubayashi Takuya)

第3回 1/16(火):『レゴ®シリアスプレイのメソッドと教材を活用したワークショップ体験』

第4回 1/30(火):グループコーチング・振り返り