審査員として宇田川氏も。『at Will Workワークストーリーアワード2018』、締切は9/28

あなたの小さな“働き方の挑戦”が日本を動かすヒントになる!?

 “働き方を選択できる社会づくり”の実現を目指すat Will Workは、“人”と“企業”と“働き方”の今と未来を考える機会として、“働くストーリー”を集める5年間限定のアワードプログラム「これからの日本をつくる100の“働く"をみつけよう『Work Story Award』」を今年も開催すると発表した。なお、エントリー募集期限は9月28日(金)まで。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Work Story Award」とは、「これからの日本をつくる100の“働く”をみつけよう」をテーマに、ストーリーから働き方の選択肢が生まれていくことを目指し、“働くストーリー”を集め表彰をしていく、2017年から始まった5年間限定のアワードプログラム。

 昨年実施した「Work Story Award2017」では、160以上の応募があり、多くの“働くストーリー”が集まったという。

 昨年は、人でもなく企業でもなく、“働くストーリー”にスポットライトを当て、小室淑恵氏、中原淳氏、藤沢久美氏、松島倫明氏、八木洋介氏などの豪華ゲスト審査員や、20代大学生なども迎え、幅広い立場から選ばれたストーリーを表彰した。

※昨年の様子はこちら

 今年も「働き方」について幅広く見識がある著名なゲスト審査員が、各分野のスペシャリストの視点により、カテゴリにとらわれない選考をするという。

ゲスト審査員一覧(9月14日現在・今後追加予定)

  • 埼玉大学大学院人文社会科学研究科 准教授 宇田川元一氏
  • 株式会社Change Wave 代表取締役社長 佐々木裕子氏
  • 少子化ジャーナリスト、作家 、相模女子大学 客員教授、昭和女子大学 総合教育センター 客員教授、東京大学 大学 院情報学環客員研究員 白河桃子氏
  • 教育改革実践家/「よのなか科」の提唱者 藤原和博氏

Work Story Award2018 開催概要

  • タイトル:これからの日本をつくる100の“働く”をみつけよう『Work Story Award2018』
  • ストーリー応募期間:2018年7月4日(水)~9月28日(金)23:59
  • 表彰式 :2018年12月6日(木)※場所時間未定
  • サポーター企業:株式会社アトラエ、パーソルキャリア株式会社、森ビル株式会社(9月14日現在、五十音順、敬称略)
  • 後援:経済産業省
  • 公式サイト:https://award.atwill.work/