SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

デジタル技術の活用による行動変容

行動変容に不可欠なインセンティブ設計──国内外の事例にみる、人を動かす報酬設定とは

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“射幸心”によるインセンティブ設計

 金銭などわかりやすいインセンティブは、行動開始を促すための工夫として効果的に働く一方、その体感価値は時間とともに目減りしてくるという研究結果もあります。一方、宝くじやガチャのようなゲーム性があれば、その価値をより長く維持することができ、結果として行動変容の持続性が担保できるという実験結果もあります。射幸心をあおる仕組みは、当たりを引く確率や報酬の大小をいつでも自在にコントロール可能な、デジタル技術だからこそ効果的に操れるインセンティブの一つです。

 “射幸心をあおる”というと不健全に思われるかもしれませんが、ゲーム性を活かしてユーザーの健康を促進しているサービスの例もあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
デジタル技術の活用による行動変容連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

藤井 篤之(フジイ シゲユキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

一宮 恵(イチミヤ メグミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング