SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

Gartner、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 米Gartnerは、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。このハイプ・サイクルは、「信頼の構築」「成長の加速」「変化の形成」の3つの包括的なトレンドに集約されている。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 「先進テクノロジのハイプ・サイクル」は、1,500を超えるテクノロジを分析した上で知見を引き出し、今後5~10年にわたって高度な競争優位性をもたらす可能性が高い、押さえておくべき先進的なテクノロジおよびトレンドを簡潔にまとめたもの。

先進テクノロジのトレンドにおける3つのテーマ

信頼を構築する

 信頼(トラスト)にはセキュリティと信頼性(リライアビリティ)が求められる。信頼は、ITがビジネス価値を提供するための回復力のあるコア/基盤として、イノベーションの構築にも拡張できる。この基盤は、設計済みで再現性があり信頼できる、実証されたスケーラブルな作業プラクティスとイノベーションによって構成されなくてはならないという。

 注目すべきテクノロジは、ソブリン・クラウド、NFT、機械可読法(機械で読める法律)、分散型アイデンティティ、分散型金融(DeFi)、準同型暗号、アクティブ・メタデータ管理、データ・ファブリック、サービスとしてのリアルタイム・インシデント・センター、従業員コミュニケーション・アプリケーション。

成長を加速する

 信頼できるコア・ビジネスが確立されると、回復と成長が可能になる。企業は、テクノロジ・リスクとビジネス・リスク許容度のバランスを取り、短期的な目標を達成できるようにする必要がある。イノベーション主導のコア・ビジネスのスケーラビリティが高まると、成長が加速し、デリバリと価値が拡大する。

 注視すべきテクノロジは、マルチエクスペリエンス、インダストリ・クラウド、AI主導のイノベーション、量子機械学習(ML)、ジェネレーティブAI、デジタル・ヒューマン。

変化を形作る

 変化とは従来、破壊的なものであり、カオス(混沌)につながりがちだが、企業はイノベーションによって変化を形作り、カオスに秩序をもたらすことができる。そのために必要なのは、変化のニーズを予測し、それに合わせて自動的に調整できる技量だとしている。

 新たな変化を形作ろうとしている企業が検討すべきテクノロジは、コンポーザブル・アプリケーション、コンポーザブル・ネットワーク、AI拡張型設計、AI拡張型ソフトウェア・エンジニアリング、物理学に基づくAI、インフルエンス・エンジニアリング、デジタル・プラットフォーム・コンダクター・ツール、データ指向ネットワーキング、自己統合型アプリケーション。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング