IBM Watson、Personality Insightsの日本語化で「性格診断アンケート」を実施中

Twitterユーザーを対象に協力を呼びかけ

 IBM Watsonは、サービスの日本語対応に取り組んでいるが、現在、Personality Insightsにおいて、日本語文章の解析を強化するために「性格診断アンケート」を実施している。(画像は、Watson Personality Insightsのデモページより)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Personality Insightsは、自然言語処理を活用したWatsonのサービスで、ある文章を入力すると、それを分析してプロファイリングを行ってパーソナリティ(性格)について結果を提示するものだ。

 「性格診断アンケート」は、母国語が日本語でTwitterのアカウント保持者を対象として、Personality(個性)のビッグ5(外向性、人当たりの良さ、注意深さ、繊細さ、独創性)、Needs(欲求)、Value(価値観)に関して分析する。

 アンケートの最後には、個性の細かい分析結果が提示される。回答者からは、「自分の意外な性格に気付きました」「つい結果をみんなに見せてしまいました」などの声が寄せられているという。

 回答はすべて機密として扱われ、解析に利用したTwitterの内容や関連情報はすべて破棄されるという。

 ■アンケートへの参加: Webページ