メタップス佐藤氏を形成した「紙とペンと粘土」―「内省」と「客観視」が拡大させる創造力

特別対談 Metaps佐藤航陽氏✕入山章栄✕佐宗邦威 第4回

 入山章栄氏と佐宗邦威氏がイノベーションとクリエイティビティを包括的にとらえようとする本連載。今回のゲストは、人工知能、仮想通貨、ロボット関連など様々な事業進出で、いま日本で最も注目を集める若手経営者の一人、株式会社メタップスの代表取締役社長の佐藤航陽氏。その事業の先進性もさることながら、著書『未来に先回りする思考法』では、未来予測とそのスキルの体系化という内容の斬新さで、多くの人々に大きな衝撃を与えた。
 最終回の今回は、佐藤さんの思考・行動の源泉となっている好奇心や発想や、その先に見る未来と人の姿などについて、より深く伺った。今までの連載はこちら

[公開日]

[語り手] 佐藤 航陽 [聞] 入山 章栄 佐宗 邦威 [画] 清水 淳子 [取材・構成] 伊藤 真美 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] タレントマネジメント クリエイティビティ 創造性 事業開発 想像力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「未来予測の仮説実証ラボ」としてのメタップスが日本にある“メリットとデメリット”

佐宗:(biotope 代表取締役社長)
 ここからは、さらに深く佐藤さんの思考について伺いたいと思います。
 佐藤さんの独自性って、前回まで話したような未来予測と企業経営の両輪を回していることだと思うんですが、両者間の関係として、未来を考えることが企業経営に影響を与えているとしたら、どのようなものですか。

佐藤(株式会社メタップス代表取締役社長):
 うーん、ないですね。というか、主は未来予測で、企業経営はその実験場ですから。自分の仮説が正しいかどうかを試すラボのようなものです。大きければ大きいほど検証できるものが大きくなるので、そのために大きくする、みたいな感じです。
 僭越ながら学者や研究者が大変だなと思うのは、予算の獲得という誰かに依存せざるを得ない部分で制約を受けることでしょうか。それが自分で調達できるとなれば、無限に実験できますから。

入山(早稲田大学ビジネススクール准教授):
 実際、経営学にも「企業は実験の集合体だ」という考え方があるんですよ。仮説の中から環境にフィットしたものだけが生き残るというわけですね。生物学の考えを応用したものです。

佐宗:
 脳科学もそうですよね。シナプスは結局合理性のあるものだけが残るという。佐藤さんは、それをビジネスでやろうとしているわけですね。

佐藤:
 ええまあ、ビジネスでなくても構わないんですけどね。ただ、稼いでいる間は実験できるという(笑)。

佐宗:
 面白いなあ(笑)。その実験が、今や今世界8カ国にブランチがあって、ある意味ロケーションフリーな感覚を持ちながらも、日本を本社にしている。あえて日本で起業した意味って何なんですか。

佐藤:
 そもそも起業したのが学生だったので、グローバルでやる発想はなかったんですよ。20歳で事業を作って3年くらいドブ板営業やって黒字化して、それから海外に行ったので。まあ、ここに本社があるのは偶然といえば偶然ですね。日本人だし、地の利を活かせるなら活かそうかなくらいで。
 ただ、いい面を上げるとすれば銀行からの融資ですかね。他の国だとここまで安くお金を貸してくれないんですよ。だからこそ米国では、VCのエクイティファイナンスが発達した。日本はデッドファイナンスが断然有利なので限界まで利用し、エクイティは米国や中国でというのが、ベストな選択だと思っています。

入山:
 なるほどねえ。

佐宗:
 市場としてはどうですか。米国や中国は市場が大きいために投資リスクが低くて済むと言うメリットがありますが、日本人には心理的な参入障壁が大きいし、人脈もない場合が多い。今、佐藤さんは「エクイティは中国で」とさらっとおっしゃったけど、どうやってその辺りの障壁を乗り越えられたんですか。

佐藤:
 やってみて気づいたんですけれど、「経営陣が頭の中にその国についてのイメージを持てているかどうか」じゃないかなあと思いますね。日本でやっていた頃は、その国の特徴やメリット・デメリットもイメージできてなかったですね。でも、一回出てみたら、今までお話ししたような、「資本の偏りの在処」や「企業との関係」なんかがあっという間に見えてきて、いいところを組み合わせる発想になっていったんです。2012年頃でしょうか。

入山:
 佐藤さんがお感じになられている「国家の役割の変化や各国の強みの活かし方」を伺うと、「日本という国での成長戦略や世界で仕事をしていく方法」についてのヒントが沢山ありますね。

バックナンバー