PR

データ分析は現場から始めよう。アクセンチュアのアナリティクスチームが教える 、基礎から学ぶ実践講座

新刊紹介:『アクセンチュアのプロフェッショナルが教えるデータ・アナリティクス実践講座』

 翔泳社では5月30日に『アクセンチュアのプロフェッショナルが教えるデータ・アナリティクス実践講座』を刊行しました。本書はデータ分析の専門家集団が、ビジネスの現場で使えるデータ分析の基礎スキルと手法を解説。統計学やツールを敬遠していたり、データの活用は自分に直接関係ないと思っている方におすすめです。

[公開日]

[著] 渡部 拓也

[タグ] データ・アナリティクス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセンチュアのプロフェッショナルが教えるデータ・アナリティクス実践講座』は、業務の現場に関わる方が、自分たちで実際にデータ分析を実践できるようになることを目的にしています。高度な専門書はすでにあり、Excelを用いて行なう入門書も数多く存在します。ですが、本書の役割はその中間を補うことにあります。

 ソーシャルメディアやIoTにより、膨大な量のデータが日々蓄積しています。どんな企業でも、もしかしたら使えるかもしれないデータが眠っているはずです。しかし、データサイエンティストのような専門家を確保するのは難しく、かといって社内では誰も対応できない……そんな状況があるかもしれません。

 本書では、そんなもったいない状況を打破すべく、データ分析の専門家であるアクセンチュアのアナリティクスチームが筆を執りました。解説するのは高度なデータ分析ではなく、かといって練習でしか使えないような初心者のデータ分析でもありません。誰もが現場で使えるデータ分析の手法です。

 データの威力でビジネスを成長させてみたい方には必携の1冊です。

目次

第I部 データアナリティクスの基礎
第1章 はじめに
第2章 データアナリティクスが作り出すビジネス革新
第3章 分析で必須となる一般的な統計知識
第4章 課題の定義、仮説立案
第5章 データ収集・加工
第6章 アナリティクスを支えるシステム基盤

第II部 データアナリティクスの実践
第7章 機械学習と人工知能
第8章 アソシエーション分析:購買分析からレコメンデーション応用まで
第9章 クラスター分析(前編):グループ化、セグメンテーションから戦略を練る
第10章 クラスター分析(後編):「R」を使ったクラスター分析
第11章 決定木分析:要因を分析し、将来を予測する
第12章 経路探索(前編):アルゴリズムとビジネスへの適用
第13章 経路探索(後編):R言語と地図データによる実行
第14章 協調フィルタリング
第15章 今、最も熱いディープラーニングを体験してみよう
第16章 H2Oでディープラーニングを動かしてみよう!

データ・アナリティクス実践講座

Amazon SEshop その他

アクセンチュアのプロフェッショナルが教える
データ・アナリティクス実践講座

著者:アクセンチュアアナリティクス
監修:工藤卓哉、保科学世
発売日:2016年5月30日(月)
価格:2,808円(税込)

本書は世界的なコンサルティング会社「アクセンチュア」のデータサイエンティスト工藤卓哉氏、保科学世氏を中心に、同社の専門チーム「アクセンチュア アナリティクス」のメンバーが、企業の実務家向けにデータ分析の考え方と具体的な実践手法を解説した本です。


バックナンバー