NTT Comが人工知能(AI)応用対話エンジン「COTOHA」提供開始、アクセンチュアなどと協業

30万語におよぶ日本語データベースを活用、コンタクトセンターなどで活用

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、10月31日より、自然な日本語を高い精度で理解し、自発的な対話が行えるAI(人工知能)、「Communication Engine “COTOHA(コトハ)”」(以下、COTOHA)の提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 COTOHAは、NTTがこれまで40年以上にわたり蓄積/精錬した、30万語の日本語データベースや高精度の処理技術を活用したAI。自然な日本語を高い精度で理解し、自発的に相手との対話を積み重ねることで、コールセンターにおけるエンドユーザーからの問い合わせ対応や、企業内のヘルプデスク業務、電話やSNSを介した販売活動を担うことが期待されている。COTOHA導入により、企業における受付などにおける一次対応が自動化され、応答率上昇やエンドユーザーの満足度向上、企業における生産性向上が実現可能になるという。

 また、COTOHAの効果を最大化するめに、販売や業務コンサルティングにおいて、アクセンチュア、クニエ、PwCコンサルティングの3社との協業も発表。COTOHAの応対シナリオ設計や、導入企業ごとに最適化したチューニングなどを共に行う。