ゲオホールディングスとCreww、スタートアップとビジネス共創を目指すプログラムを開始

「GEOグループアクセラレーター 2016」へ参加希望者を募集

 ゲオホールディングスとCrewwは、スタートアップ企業とゲオグループの新規事業の共創を目指すプログラム「ゲオグループアクセラレーター 2016」を実施すると発表し、12月12日から募集を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプログラムは「未来のビジネスを創る」をテーマに、ゲオグループが保有する店舗やオンラインストアなどのネットワークを、スタートアップ企業が自由に活用し、店舗型ビジネスの枠を越えた新しいビジネスを創出するものだという。

 エンタテインメント、リユース、オムニチャネル、シェアリングエコノミー、ヘルスケア、地方創生など、ゲオグループが目指す既存事業の拡大と新規領域参入のパートナーとなるスタートアップ企業を募集する。

 この取り組みでは、すでに具体的なアイデアを持つスタートアップ企業から協業案の募集を行い、かつブラッシュアップをオンライン上で行うため、早期に事業化の検討を進めることが可能となる。

 このプログラムの枠組みを提供するCrewwは、スタートアップの選定からマッチング、新規事業創出までの過程を、ゲオグループと共同で行う。プログラムの開始にあたり、12月12日(月)から参加を希望するスタートアップ企業を募集する。

 なお、このプログラムにおいてゲオグループがスタートアップに提供する経営資源(リソース)は、次のとおり。

  • 映像レンタルやゲーム販売買取を行うメディアショップ「ゲオ」
  • 総合リユースショップ「セカンドストリート」
  • 総合モバイルショップ「ゲオモバイル」
  • アミューズメント施設「ウェアハウス」で働く従業員や店頭、店舗(約1,700店舗)で取扱う商品、流通網、オンラインストア、アプリ、ゲーム筐体
  • 店舗に来店するお客様や会員、ゲオアプリによるアプローチ可能な約500万人
  • オリジナルアパレルブランド「A.Q.(アンティクローズ)」
  • VODサービス「ゲオチャンネル」

 ■プログラム概要

  • エントリー期間:2016年12月12日(月)~12月22日(木)
  • 募集する事業領域:領域にとらわれず幅広く募集。特にIoT、VR、AI、ディープラーニング、アドテックなど新しいテクノロジーを用いたアイデアを歓迎。
  • 参加資格:crewwスタートアップアカウントを持つ企業(crewwへの登録は無料)。
  • 詳細と申込み:専用ページ