リクルートテクノロジーズがスマートロック「iNORTH KEY」で不動産テックを展開

株式会社リクルートテクノロジーズが、不動産管理会社の内覧業務利用に特化したスマートロック「iNORTH KEY(イノースキー)」の本格展開を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 不動産テック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「iNORTH KEY(イノースキー)は、リクルートテクノロジーズの研究開発機関「アドバンスドテクノロジーラボ(ATL)」が開発したスマートロック。不動産管理会社の内覧業務利用に特化することで、従来のスマートロック製品では応えきれなかった現場のニーズに対応。

 「鍵の受け渡しが必要だが対応できず、その日は内覧希望者に物件を見せることができない」「渡した物件の鍵で、きちんと施錠されているか不安になり、場合によっては現地までわざわざ確認に出向かなければいけない」といった悩みを解決し、不動産管理会社の業務効率化をサポートするという。

 幅広いサムターン形状に対応できるのみならず、磁石を用いた固定方式を取り入れることで工事やオプションパーツなしでの設置・取り外しが可能。さらに、スマートフォン一つで解錠・施錠を行える基本機能のほかに、利用権限や内覧予約管理を一括で行えるWeb システムを用意。中央管理を行うことによって、「いつ誰がどの鍵を解錠/ 施錠したか」を記録できるなどセキュリティ面も強化した。公式サイトは近日公開予定。

また、遠隔操作機能においても、中継機同士のメッシュ通信を行うことで安定した操作性を実現した。

価格は、本体価格6,000円(税別)/ 月額利用料380 円(税別)。