組織変革を実現する、現状打開のための「3つの原動力(Force)」とは?

組織行動によるRegular Innovations:第3回

 この連載で解説している「Regular Innovations」は、技術も製品も変わらず市場も既存のままでもイノベーションは起こる、仕事のやり方を規則正しく、系統立てて、きちんとすることからもイノベーションは生まれる、という概念で、8つのエッセンスが有効だとお伝えしました。前回の記事の後半で、この8つのエッセンスが「3つの領域」に分類できることをお伝えしました。今回は、そのうちの一つである「原動力(Force)」に関して、もう少し踏み込んで事例とともに解説します。

[公開日]

[著] 株式会社アバージェンス

[タグ] 事業開発 企業戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現状打開のための3つの原動力(Force)とは?

 前回前々回と紹介した「Regular Innovations」を構成する8つのエッセンスを、再度紹介致します。

Regular Innovations」を構成する8つのエッセンス

 上記のように、8つのエッセンスは大きくわけて、「原動力(Force)」、「外部刺激(Foreign Stimulus)」、「カタ(Form)」という3つに分類が可能となります。今回は、この3つの分類のうち、「原動力(Force)」とは何か。そして、その実践事例を紹介していきます。

 組織変革には、原動力が必要です。それも相当な馬力がないといけません。堅牢なオーナーシップ、前向きなリーダーシップ、一点突破の目標の3つが揃うと、とてもパワフルな原動力になります。

 組織のリーダー、つまり大企業であればカンパニープレジデントや役員級の事業本部長、中堅企業で言えば社長が、変革を自分ごととして捉え、こだわりを持って一人称で成果創出に取り組めば、それだけで組織を動かす大きな原動力になります。また、組織階層の様々な場所で、改革につきもののネガティブな反応などの落とし穴をその場で察知し、ポジティブな態度をもってその場で落とし穴を塞いでいってくれれば、ダブルバインドな状況の打開に繋がります。一点突破目標があれば、組織という様々な機能やそれに応じた様々な目的を持つ人間の集合体が時として陥るベクトルの分散、つまり力の分散を防ぎ、力を結集することができます。「フォース」の3要素が現状打開に必要な大きな原動力になるというのは、そういう意味です。

バックナンバー