5G通信時代のバーチャルオフィスに向けて、SIMフリータブレットを投入するトライポッドワークス

これまでセキュリティ関連のアプライアンスなどのソリューションをおこなっていたトライポッドワークスが、Windows10の 2 in 1型のモバイルデバイスを販売するビジネスを開始した。SIMカードによって通信が出来るタブレット機で、中小企業などの法人ユースを狙っているという。タブレット端末という競争の激しい市場にあえて参入する狙いは何か?トライポッドワークスの佐々木社長とプロジェクトリーダーの嶋村氏は、その先にある5G通信の時代を見据えているという。

[公開日]

[取材・構成] 京部康男 (Biz/Zine編集部)

[タグ] スマートデバイス ワークスタイルIT 5G

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「働き方改革」が官民あげての合言葉になり、仕事時間の短縮や生産性の向上、時間や場所を問わないワークスタイル」にも関心が高まっている。モバイルやクラウドなどのサービスやデジタルツールの導入で、実現が可能である。しかし、東日本大震災の後にも同じように語られながらも、企業のモバイルツールによるリモートワークはそれほど進んだといい難い。理由は、相変わらず社外でのインターネット利用が、企業のセキュリティリスクを招き、それを回避しようとすると、企業側でのインターネットVPNや専用回線の導入が必要となるためだ。

しかし、この課題は、目前に迫った次世代の5Gのモバイル通信によって解消されようとしている。これまでのVPNではなく、通常のモバイル回線で企業の閉域ネットワークに安価にかつ高速に接続できるようになるからだ。

これまで企業のセキュリティ対策製品やソリューションを販売してきたトライポッドワークスはこの機を見据えて、SIMフリー型のWindow10の2in1 タブレットPCの販売を開始した。

この時代に、Windows版タブレットを発売するというビジネスに疑問の声も上がる中、SIMフリーデバイスとMVNOの通信事業者の連携による、5G時代のソリューションを提供する同社には、5G通信時代のイノベーション戦略が垣間見える。

なぜ今、SIMフリータブレットなのか

トライポッドワークス株式会社 代表取締役社長 佐々木 賢一

── 企業のセキュリティ製品やソリューションを提供する会社が、Windows 10のタブレットを販売されるというのはちょっと意外な気がします。

佐々木:

これまでネットワークルーターやセキュリティ関連のアプライアンスをベースにしたソリューションを提供してきたのですが、今後さらに成長していくためには、IoTやオフィスの働き方変革などのニーズに対応するためのサービスが必要だと考えたのが、今回のビジネスを始めた理由です。

マイクロソフトのCTE(チャイナテクノロジーエコシステム)という仕組みが一昨年から始まり、中国、台湾のパートナー企業と組むことでかなり安価にWindows 10のマシンを作ることが出来まるようになりました。また日本でも、MVNOの携帯通信による格安携帯などのビジネスモデルが出てきて、SIMフリーの端末ビジネスも急速に伸びてきています。

ただ格安のタブレットや高額なPCはあるものの、法人向けで手頃な価格帯のSIMフリーのモバイルマシンがありませんでした。我々の「SIM Free Windows10 tablet」は、SIMを刺すことができて、業務に使えるスペックで、法人がターゲットです。

法人向けにSIM端末を売るMVNO事業者からニーズをヒアリングして、CTE参加企業のODM(Original Design Manufacturing)メーカーを探し直接交渉しました。メモリは4Gで、HDDは最低64Gでバッテリーも最低7時間持つものにしてくれというオーダーを出し改良してもらいました。
これを「働き方改革」にも使えるマシンとして、法人市場に投入していきます。

バックナンバー