Alpaca、松井証券にAIを活用したFX情報ツール「AIチャート・FX」を提供

ディープラーニング技術を用い取引シグナルを配信

 Alpacaは、松井証券と提携し、FX(外国為替証拠金取引)向け情報ツール「AlpacaAlgo」の松井証券向けサービス「AIチャート・FX」を8月1日から国内で初めてインターネット証券向けサービスとして提供すると発表した。(画像は「AIチャート・FX」の画面イメージ)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] FinTech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「AIチャート・FX」は、Alpacaの強みであるディープラーニング技術を用い、投資家がプログラミングを行うことなく自身の取引パターンを登録するだけで自動でアルゴリズムを生成し、類似したパターン発生時に取引シグナルを配信する情報ツール。

 また、日々自動でバックテストを行うことにより、作成したアルゴリズムのパフォーマンスを随時確認可能とし、日々のチューニングをサポートするという。

 同社では今後とも、AIとビッグデータ技術を活用し、FXのみならずさまざまな金融プロダクトを提供すべく努めていくとしている。