カオナビがAPI提供を開始、他のHRテックサービスとの連携を予定

カオナビは、クラウド人材管理ツール「カオナビ」のAPI提供を開始すると発表した。これによってHRテックサービスとの連携が可能になるという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] HRテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カオナビ」は、従業員の顔写真を見ながら評価や抜擢、人材配置のシミュレーションなど人材管理ができるクラウドサービスとして、IT・Webサービス業をはじめ飲食・外食業、アパレル・流通業、保育業、スポーツ業界など550社以上の多様な業種、企業規模のユーザーに利用されている。

昨今、さまざまな機能に特化したHRテック系のサービスが多数提供される中、自社の業務に合わせて最適なサービスを利用するユーザーが増えており、他社サービスとの連携に関する要望の高まりから、このたびのAPI提供に至ったという。。

今回のAPI公開で、基幹システムやユーザーが自社開発したシステムのほか、労務や勤怠をはじめとした他社が提供するHRテクノロジーサービスとの連携が可能になり、入力作業や同期作業を効率化されることになる。

連携するシステムは、労務/勤怠/給与計算/研修/適性検査/採用などの分野。
具体的な連携のHRテックサービスも計画中で、近く発表されるという。