株式会社アス、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

株式会社オロ

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、株式会社アス(東京都中央区 代表者 上西 武二、以下アス)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

アスは、富士通株式会社の特許業務パッケージ、ATMSシリーズの専売一次パートナーとして、特許情報システムの構築・販売・サポート事業を展開し、特許管理業務の効率化を支援しています。同社においては、プロジェクトの仕掛期間が数か月に及ぶため、受注後の損益管理・工程管理をより精緻に、タイムリーに行っていく必要がありました。そこで、システム選定においては、受注プロジェクトにおけるSE毎の工程管理や、個人別売上の可視化など管理会計が実現できるかが重視されました。
------------------------------------------------------------
■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1. プロジェクトごとの損益管理・工程管理を一元化出来る点
2. 必要に応じて柔軟に管理会計が運用できる点
3. 担当SE毎の売上管理・工数管理ができる点

オロは今後もシステム開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

------------------------------------------------------------
【ZAC Enterpriseについて】 https://www.oro.com/zac/

ZAC製品WEBサイトでは、さまざまなユーザー企業のERP導入事例インタビューを公開しています。
【ZAC導入事例インタビュー】 https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html


<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:藤澤
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com
株式会社オロ