株式会社現代文化研究所、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

株式会社オロ

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、株式会社現代文化研究所(東京都千代田区 代表取締役社長 須藤 慶治、以下現代文化研究所)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

現代文化研究所は、自動車と自動車産業に関わる様々な課題の解決のため、調査・分析・研究を行うシンクタンクです。同社においては、予定工数の見通しが立てづらいことにより適切なアサインの実施や予実対比が困難である点が課題となっていました。また、会議資料の作成、データ集計の手間など、管理部門へ業務負荷がかかっていたため、ムダな間接業務を削減し、全体最適化を実現するシステムの導入を検討していました。
■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1. 案件ごとの正確な原価管理・予実管理が可能になる点
2. 稼働工数の見積り精度の向上とリアルタイムな工程の進捗管理
3. 案件管理・ワークフロー・工程管理・スケジュール管理等をシステムで一元化することによる業務の効率化

オロは今後もリサーチ・シンクタンク業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:藤澤
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com
株式会社オロ