事業開発スピードと成功確率を格段に上げる「Startup Studio」とは?

Startup Studioによる事業開発:第1回

 私はQUANTUMでStartup Studio(スタートアップ・スタジオ)事業の責任者を務めている。正確に言えば、“Corporate Startup Studio(コーポレート・スタートアップ・スタジオ)”が我々の事業モデルである。Startup Studioという言葉を聞き慣れない方のために、まずはその説明から始めたい。また、今後のコラムでどのような記事を書いていくのかも簡単に触れていく。

[公開日]

[著] 井上 裕太

[タグ] 事業開発 企業戦略 Startup Studio スタートアップ・スタジオ Corporate Startup Studio コーポレート・スタートアップ・スタジオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタートアップ創出の新たなモデル Startup Studio

 Startup Studioは、スタートアップを連続的に生み出し、成長させるための新たな組織・事業形態だ。eFoundersによれば、現在世界に150以上のStartup Studioが存在する*。2007年に創業されたbetaworksがその代表格だ。betaworksは3つの事業を行っている。スタートアップへの投資事業(Everlane、IFTTT、Kickstarter、Medium、Tumblrなど100社以上に投資している)、スタートアップを買収し再生する事業(Diggの買収は話題になった。また2014年にInstapaperを買収し、その後同事業を2016年にPinterestに売却している)、そして内部で新たに事業を生み出しスタートアップとして立ち上げる事業(最も有名なのはゲームのDotsだろうか。他にもChartbeatやBitlyなど成功した事業を複数立ち上げている)だ。

betaworksの事業概要図1: betaworksの事業概要

 いわば、betaworksはインターネット事業にフォーカスしたVC(ベンチャー・キャピタル)であり、プライベート・エクイティであり、そしてインキュベーターでもあるのだ。彼らは投資事業をFund、再生事業およびインキュベーション事業をStudioと呼び、自らをStartup Studioと定義している。自ら事業を作り成長させることの出来るスキルを持ったメンバーを抱え、それらを活かして投資やインキュベーション事業を行う。これがStartup Studioである。

 日本発のStartup Studio(的組織)であるBEENOS / BEENEXTの前田ヒロ氏はブログで「Startup Studioの特徴は、エンジニアリング、デザイン、マーケティング、リクルーティング、そしてその他のオペレーションをすべてインハウスで持つこと。Startup Studioは、これらのリソースを駆使して、新しいスタートアップを生み出したり、投資先の事業を成長させたりしている。そしてもう一つの特徴は、実際に事業を創ったことのある起業家たちが、このStartup Studioの運営・マネージメントをしていているところだ」と説明している**。

 日本におけるその他の代表的なStartup Studio(的組織)は、Digital Garageだろう。Digital Garageは価格.comなどのメディア事業、ベリトランスなどの決済事業、そしてデジタル・マーケティング事業と並んで、投資およびインキュベーション事業をその柱に置いている。グループ会社にCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)があるというレベルではなく、インキュベーションを主要事業として位置付けているのだ。2015年6月期について言えば、全社営業利益の7割以上をインキュベーションテクノロジーセグメントが稼ぎ出している***。また、Digital Garageでは投資先に対する支援の一貫として、人材や既存事業で培ったノウハウの供給も積極的に行っている。

Sources:
* http://buildtogether.co/startup-studio-list
** http://hiromaeda.com/?p=121
*** http://www.garage.co.jp/ja/ir/