ホラクラシー組織に必要な「ストーリーの一致」と「リフレクション」とは?

埼玉大学 宇田川元一 准教授 × ダイヤモンドメディア株式会社 武井浩三代表取締役:後編

 8年前からホラクラシー的経営を実践してきたダイヤモンドメディア株式会社の武井浩三代表取締役が、これからの経営について様々な方と語り合う本シリーズ。前編に続き、共通の知人の紹介で知り合ったという宇田川元一 准教授(埼玉大学)との対話は、これまであまり話されることのなかったビジネスや個人の能力の話にまで及んだ。

[公開日]

[語り手] 宇田川 元一 武井 浩三 [取材・構成] やつづかえり [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] ワークスタイル 事業開発 組織開発 人材開発 ホラクラシ―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織の持つストーリーと、商品・サービスの持つストーリーを一致させる

宇田川(埼玉大学 人文社会科学研究科 准教授):
 ダイヤモンドメディアのビジネスについて伺います。「Centrl LMS」というサービスは、不動産管理のしくみを最適化するためにやっているというお話を以前に聞いて、ホラクラシーでやっているマネジメントとすごく似ていると思ったんですよ。お客さんに対して売るものと、組織の中でやっていることが食い違っていないというのはすごく大事なことです。

武井(ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役 共同創業者):
 世の中、お客さんにとって価値のないものを売るために、営業マンにはそれを価値のあるものだと無理やり思い込ませるようなことが多すぎますよね。そのために、変に理念なんかが必要になるんだと思います。そんなことをしなくても、いいものを作って、いい売り方をして、その後もいいフォローをして、というやり方をすればいいだけなのに。

Centrl LMSCentrl LMS

宇田川:
 私ならば、それをサービスや製品の持つ物語と、組織の持つ物語とが食い違っているとうまくいかない、という風に言います。ダイヤモンドメディアの場合、そこは自然と合ってきたのでしょうか?

武井:
 自然にではなく、かなり追求した結果です。僕らの経営のしくみが価値のあるものだと言えるのは、世の中に対して価値を提供し、ビジネスで成功した上でのことだと思いますので。

 組織の中を透明にすると良くなるということがわかっているので、ビジネスの領域にもそれを持ち込んだのが「Centrl LMS」というサービスですが、ビジネスである以上、因果関係やしがらみがあるので簡単にはいきませんでした。特に我々が扱う不動産は現物ありきのもので、どうしても人が介在することになります。全てが情報としてやり取りでき、部分最適化がしやすい金融なんかよりも、ずっと変えづらい業界なんです。そういうマーケットの中で、うちのホラクラシー的な考え方を使って解決できるのはどこなのか、徹底的に市場をリサーチし、「不動産IT業界」を再定義して構築した結果、あのサービスを生み出したのです。

宇田川:
 ホラクラシーでありがちなのが、なあなあの組織になってしまうということです。そのツケをお客さんに払わせるという帰結になると最悪ですよね。そうならないためにも、ビジネスとして継続しなければいけない。でも、単に儲けるのではなくて、自分たちが信じている考え方と一致させることを徹底してやる、そこがポイントですね。

バックナンバー