インフォテリア、IoT事業に参入、業務効率化のためのモバイルクラウド基盤「Platio」を発表

ヘルスケアや土木建設、農林水産領域での活用を想定

 インフォテリアは、IoTソフトウェア基盤事業に参入することを発表した。その第1弾として、現場業務でIoT活用を実現するモバイルクラウド基盤「Platio(プラティオ)」を2017年1月下旬から提供開始する。また、サービス提供開始に先駆け、無償の評価版利用者を2016年10月27日より募集している。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT クラウドコンピューティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PlatioはIoT機器活用で求められている俊敏性を実現するための、クラウドで動作するソフトウェア開発基盤。アプリ開発やサーバー側プログラムの開発、アプリの配布、システム全体の運用などが、プログラミングの知識がなくても行えるようになる。利用者はカスタマイズ可能なテンプレートを利用してアプリを作成可能。使用するデータベースはアプリのデータ構造から自動的にクラウド上に準備され、アプリの配布や更新がクラウドを通じて行なえる。

 対応済みのIoT機器には、特別な準備なしにPlatioから接続でき、自動的にIoT機器からのデータの収集が可能。すでに血圧計や体温計などのヘルスケア領域を始め、気温や湿度を計測するIoT機器との接続に対応しており、評価版の提供を通じ対応IoT機器は順次追加される。

 また、正式サービス開始時はiOSモバイル機器(iPhone、iPad)に対応し、対応モバイル機器は順次増える予定。通信手順は、BLE(Bluetooth Low Energy)に対応。モバイル機器の進化に応じ、対応通信手順も追加される。

Platio対応デバイスの例Platio対応デバイスの例(イメージ)

 今後は、導入によって業務の効率化が期待できるヘルスケアや土木建設、農林水産などのフィールド業務での活用を想定。さらに、機敏なモバイルアプリの構築・運用が求められる物流や流通などの現場への導入も期待されている。

 Platioの評価版は安定した正式サービス実現のために実証実験として提供される。評価版の提供により得られた情報や、意見・感想をもとに、よりよいサービスが提供できるように努めるという。

 評価版の詳細は次のとおり。

評価版の概要    

  • 募集期間:2016年10月27日(木)~12月28日(水)
  • 無償提供期間:2016年11月1日(火)~1月31日(火)※予定
  • 応募条件
    IoT機器のユーザーは、iPhone, iPadを活用したフィールド業務改善を検討中・実施中であること、または評価を行うためのiPhone, iPadなどを保有していること。
    IoT機器提供企業は、Platioで対応可能なIoT機器を提供しているまたは予定があること。
  • 応募方法:Platio公式サイト内にある、評価版申し込みフォームから