マイクロソフト新しいチャット型ワークスペース「Teams」プレビューを公開

マイクロソフトは先週11月2日に、ニューヨークで開催されたイベントにおいて、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」における新しいチャットベースのワークスペース「Microsoft Teams」を発表した。日本でも「Slack」「チャットワーク」「トークノート」などビジネスチャットツールの導入が進む中、マイクロソフトの参入は注目を集めている。このほどマイクロソフトのブログで詳細が紹介された。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT ビジネスIT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Teams は、チーム単位で簡単に共同作業を行い、他のユーザーとのコミュニケーション、コンテンツ、必要なツールにまとめてアクセスできる、働き方改革におる生産性の向上の為のチーム向けのデジタル ワークスペースだという。

 11月2日より、Office 365 Enterprise または Business プランをご利用の法人を対象として、日本および日本語を含む、181か国、18の言語で、Microsoft Teams のプレビュー版の提供が開始された。製品版の一般提供開始は2017年第1四半期を予定している。

今回、マイクロソフトのブログで詳細が紹介された。

Skype連携によるチーム向けのチャット

スレッド型でリアルタイムのチャットをおこない、Skype for Businessとの連携により音声やビデオ会議が可能。各ユーザーがデジタル ワークスペースで絵文字、スタンプ、GIF、カスタム ミームを使用して個性を発揮することもできる。

Office365連携によるチームワーク実現

Office 365 のフル機能を活用することでき、Word、Excel、PowerPoint、SharePoint、OneNote、Planner、Power BI、Delve がすべて組み込まれており、ユーザーはすべての必要な情報やツールにすぐにアクセスできる。また、Microsoft Graph を利用したインテリジェント サービスにより、ワークスペースのあらゆる場所に表示され、関連性の高い情報の表示、発見、共有を支援する。

拡張APIによるカスタマイズ

拡張 APIやオープンAPIを公開によりカスタマイズが可能。たとえば、タブを使用すると、よく使用するドキュメントやクラウド サービスにすばやくアクセスすることができるなど。Twitter や GitHub などのサードパーティ サービスの通知やアップデートを受信することができる。