PR

12/1開催!AIで拓くオープンイノベーションとサービスローンチにおけるマーケティング

Business Book Academy 2016.12.01

 ビズジンが主催する無料イベント「Business Book Academy」(協賛:日本マイクロソフト)。12月1日は、AIを起点とした事業開発を、オープンイノベーション、AIの民主化、デジタルトランスフォーメーション、個客アプローチなどの切り口で紐解きます。
 講師は、Biz/Zine連載「Startup Studioによる事業開発」も好評な QUANTUM Inc. 井上裕太氏、日本マイクロソフトからは「AIの民主化」に関して大谷健氏などが登壇。事業開発の現場、マーケティングの現場にも浸透して、民主化するAIのビジネス活用の可能性、事例を提供するセミナーとなります。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ ベンチャー 事業開発 オープンイノベーション コーポ―レートアクセラレーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Business Book Academy 2016.12.01
AIで拓くオープンイノベーションとサービスローンチにおけるマーケティング
12月1日(木) 参加無料
講師: QUANTUM Inc. 井上裕太 / 日本マイクロソフト 大谷健 / Microsoft Corporation, Apurva Joshi / サイトコア 原水真一 他
※満席につき、お申込を終了させて頂きました!!

テクノロジーでイノベーションを起こし新規ビジネスを創発することが相対的に容易になってきました。これはクラウドサービスが普及し、かつ、そのクラウドサービスが単なるコンピューティングサービスだけでなく、高付加価値な機能が備わったサービスとして用意され提供されているからです。最近注目のAIもクラウドサービスで提供されるものが多くなっています。AIとはどのようなものか、事例も含めて洞察し、新規ビジネス開発には何をどのように整えるのが効果的かを解説します。また新規サービスリリース時のマーケティング支援についても解説し効率的にビジネスをどう進めるのが適切かをご説明いたします。

■講演概要 / タイムテーブル


【13:30‐14:20】AIとオープン・イノベーションの時代の顧客対話革命
- リーン事業開発と企業間パートナーシップのリ・デザイン -
プレゼンター:井上裕太 / QUANTUM Inc. Startup Studio事業責任者 

Make Something People Want (人々が欲するものを作れ).

世界最強のシード・アクセラレーター、Y Combinatorが掲げるスローガンです。
「当たり前じゃないか」と言いたくなりますが、この言葉と真正面に向き合えるかが鍵だと彼らは言います。
どうお客様と接点を持ち続けられるか、意味ある対話をし続けられるか、そしてお客様が抱える課題や願いを深く理解しプロダクトやサービスをアップデートし続けられるか。
「オープンイノベーション」がバズワード化する中、必要な情報を削ぎ落としていくと、事業の成否を握るのは、この時代でも「対話」が重要となります。
人工知能とオープン・イノベーションの時代における最先端の顧客対話について、議題を提供していきます。


【14:20-15:10】★ついにAI解禁★ 「AIの民主化」 始めちゃいました!
プレゼンター:大谷健 / 日本マイクロソフト エグゼクティブプロダクトマネージャー

マイクロソフトでは「AIの民主化」のビジョンのもと様々なAIテクノロジー&サービスを提供開始しています。例えば、5つの認知系分野で23のAPIサービスを提供する Microsoft Cognitive ServicesやAIの基礎となる機械学習サービスAzure Machine Learning、そして独自のAIサービスが構築できるThe Microsoft Cognitive Toolkitなどがあります。本セッションでは、これらの最先端のAIテクノロジー&サービスをつかってソリューション構築やサービス提供をしている数多くのお客様事例をご紹介します。


【15:25-16:15】デジタル トランスフォーメーションを進めるクラウド プラットフォーム Microsoft Azure と最新事例(仮)※日英同時通訳有
プレゼンター:Apurva Joshi / Microsoft Corporation, Cloud & Enterprise, Principal Program Manager

Azure はゼロベースですべてを開発する必要はありません。クラウドに用意された様々な機能を利用し、あなただけのサービスを素早く開発することができます。またプロジェクトの成長と共に、規模や機能をスケールアップすることもできます。世界基準の高いセキュリティでチャレンジなビジネスにおいても安心感をもたらします。最新事例やデモも交えて Azure を開発したエンジニアならではの視点でクラウド プラットフォーム Azure の魅力をたっぷり解説します。


【16:30-17:20】AI を活用したデジタル コミュニケーション(仮)
プレゼンター:(調整中) / 株式会社博報堂プロダクツ マネージャー

近年、スマートデバイス、SNS、デジタルサイネージ、ECなど、コミュニケーション手法のデジタル化が急速に進展する中、企業のプロモーションやマーケティング手法もデジタルへのシフトが急務となっています。本セッションでは、デジタル化の推進によって市場のリアルタイムなニーズの変化を迅速に捉え、広告・キャンペーンを成功に導くインタラクティブ・革新的なマーケティングソリューションをご紹介します。


【17:20-18:10】クラウド時代だからこそコンテクストマーケティングの実践
プレゼンター:原水真一 / サイトコア株式会社 セールスグループ プリセールスマネージャー

デジタル マーケティングを実践する際に必要な機能を、シームレスかつ容易な運用で可能とする Sitecore Experience Platform。効率的な運用を実現するWebコンテンツ管理だけでなく、アクセス履歴からのプロファイルの自動生成、キャンペーンの管理を連携させ、個客の欲しい情報を提供するためのコンテクストマーケティングを実践できます。特に、クラウドの活用により大規模なマーケティングデータの蓄積プラットフォームを簡単に構築することができます。最新事例やデモを交えて最新のマーケティングプラットフォームをどのように活用するかご紹介します。

■プレゼンター紹介


井上 裕太(いのうえ・ゆうた) / QUANTUM Inc. Startup Studio事業責任者

井上 裕太慶應義塾大学卒業後、マッキンゼーで日米欧の顧客への経営コンサルティングに従事。被災した若者のリーダーシップ育成支援を行う財団法人の創設・経営を経て、独立。
日米で航空・教育・人材・デジタルマーケティング・不動産等の新事業創出支援、スタートアップの経営支援を実施。WIRED誌の北米特派員も兼任し、Y Combinatorのデモデイなどを取材。また文部科学省のプロジェクト・オフィサーとして官民協働海外留学支援制度の立ち上げにも参画。
現在はQUANTUMでオープンイノベーションによって事業開発を加速させるStartup Studio事業の責任者を務める。コーポレート・アクセラレータープログラムの企画運営、イノベーション・コンサルティング、大企業及びスタートアップとの共同事業開発プロジェクトを統括。
St. Gallen SymposiumによりLeaders of Tomorrow (Knowledge Pool)に選出。Incubate Fundのフェロー、Startup Leadership Program 東京チャプターのメンター・審査員、Startup Weekendのコーチなども務める。

大谷 健(おおたに・けん) / 日本マイクロソフト エグゼクティブプロダクトマネージャー

大谷 健1997年に渡米し13年間米シリコンバレーでIT業界で活動。2010年にカリフォルニア大学デービス校社会人MBA取得。
2010年に日本マイクロソフト入社以来、エグゼクティブプロダクトマネージャーとしてクラウドビジネスの立ち上げに従事。2014年に、海外ベンダーとして初となる国内データセンター2拠点同時開設に成功。2015年からは新規事業開発担当として、最新技術をクラウドサービスとして提供し、現在、IoT、Advanced Analytics、Artificial Intelligence、Robotics、Blockchainの新規事業戦略と市場開拓に従事。OpenFogコンソーシアムの日本コミッティーメンバーとしてIoT推進コンソーシアムとの懸け橋。日本データサイエンティスト協会調査研究委員委員長としてデータサイエンティストの市場調査に従事。ブロックチェーン推進協会理事、普及委員会委員長として企業向けブロックチェーンの普及活動。

Apurva Joshi (AJ)

タイトル2002年にマイクロソフト入社。プリンシパル プログラム マネジャーとしてAzure App Serviceの開発に従事。IIS、ASP.NETといったウェッブ技術に従事。シラキュース大学卒。

原水 真一(はらみず・しんいち)

タイトル1998年にコマースサイト構築支援の会社を得て 2000年にマイクロソフト株式会社にエバンジェリストとして入社、最初のポジションとしては開発者向けの技術啓蒙の担当。その後、2001年よりMicrosoft.com/Japan を中心とした運用支援、マーケティング支援などのオンラインマーケティングの業務を担当、 TechNet といったIT Pro 向けの技術者向けのサイトの運用やニュースレター担当を兼任、開発者向けの MSDN やサポートサイトとの連携など、幅広く Microsoft.com/japan のサイト運用にかかわる。2007年より、マイクロソフトのコミュニティプログラムとなる Microsoft MVP Programのプログラムマネージャーの担当となり、Microsoft Answers やフォーラムの立ち上げ、ブログやイベントにおけるコミュニティ活動の支援など幅広く担当する。2010年よりサイトコア株式会社に入社、同年に立ち上げた日本法人の初期の段階からコンテンツ管理、並びにマーケティングとの連携も含めたソリューションの提案を継続している。

こんな方にお薦めします

  • 「事業開発」に関わる業務に就き、オープンイノベーションに関心を持ち、テクノロジー(AIなどの技術)を活用した事業を検討している方
  • 「経営企画部門」にて、中期視点で自社の事業成長にAIなどのテクノロジーが与える影響、オープンイノベーションによる事業開発のインパクトを知りたい方
  • 「マーケティング部門」で、AIのビジネス活用に関心のある方
開催概要
  • イベント名称: AIで拓くオープンイノベーションとサービスローンチにおけるマーケティング
  • 開催日: 2016年12月1日(木)
  • スケジュール: 13:30‐18:10 (13:00 受付開始)
  • 主催: 翔泳社 ビズジン
  • 協賛: 日本マイクロソフト株式会社
  • 会場: 東京コンファレンスセンター・品川(〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川)3F-5F アクセス・地図
  • 参加料: 無料(事前登録)
  • ※満席につき、お申込を終了させて頂きました!!

バックナンバー