デロイトトーマツコンサルティング、サプライチェーンのデジタル化支援プログラムを提供

「DSNサービス」の第1弾で導入決定者向けに「DSNイノベーションラボ」を提供開始

 デロイト トーマツ コンサルティングの社内カンパニー、Deloitte Exponentialは、サプライチェーンのデジタル化によるデジタルサプライネットワーク(DSN)の構築を支援するサービスの第1弾として「DSNイノベーションラボ(DSNIL)」プログラムの提供を開始すると発表した。(画像は「DSN構築支援サービスにおけるDSNILプログラムの位置付け」)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サプライチェーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「DSNIL」は、企業のCxOと呼ばれるDSNの導入意思決定者向けに提供するもので、同社がこれまで提供してきたSCM(サプライチェーンマネジメント)のワークショッププログラムに「デジタル体験」を加え、ネットワーク型思考でサプライチェーンのデジタル化のビジョンを描くためのワークショップとなっている。

 最先端企業で導入が進むDigital SCMのビジネスケーススタディ、ロールプレイやSCMパフォーマンス分析検証結果を通じた自社の競争優位の源泉の再認識、デロイトがグローバルで培ってきた知見を踏まえたビジネスシナリオ化、加えてサプライチェーンプラットフォームの「体験」を通じて、デジタル技術を駆使したビジネス変革像を短期間で導出することを実現するという。

 また、質の高い「デジタル体験」を提供するために、「業界」×「サプライチェーン」×「デジタル技術」の知見に基づいて、協業先であるセールスフォース・ドットコム、スリーディー・システムズ・ジャパン、Anaplanを含むテクノロジーを最適に組み合わせたサプライチェーンプラットフォームのプロトタイプを構築し、DSNILプログラムを通じて提供する。

 ビジネス変革に必要な想定されるビジネスケースを、プラットフォームを活用して「実証検証(Solution Prototype)」し、変革実行の効果・実現性を早期に見極めることができるという。Deloitte Exponentialでは、この一連のイノベーション・エクスペリエンスをDSNILプログラムとして提供し、ビジネス×サプライチェーン戦略始動速度を大幅に高めるとしている。