SOMPOホールディングス、ビッグデータ・AI活用人材の養成機関を設立

デジタルハリウッドの協力で「DataScienceBOOTCAMP」を4月開講

 SOMPOホールディングスは、デジタルハリウッドが運営するエンジニア養成学校「ジーズアカデミーTOKYO」の協力のもと、AIやデータサイエンスの分野における素養を持つ人材を発掘し、育成する養成機関「DataInstitute」を2017年度上期中に設立する。それに先立ち、データサイエンティスト特別養成コース「DataScienceBOOTCAMP」を4月に開講する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 人材教育 AI・機械学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SOMPOホールディングスは、グループにおける今後のデジタル戦略の将来を担う人材を早期に発掘し育成するため、新たに人材の養成機関を設立する。「DataInstitute」はデータサイエンティストをはじめ、SOMPOホールディングスグループのデータ活用に関わる人材を総合的に養成する機関を目指すという。

 社会人経験のある人を対象とした「DataScienceBOOTCAMP」、SOMPOホールディングスグループ社員向けの「WORKSHOP」、学生を対象とした「INTERNSHIP」、大学や研究機関との共同研究による人材育成を目的とした「RESEARCH」など、将来的には幅広いプログラムを提供する予定だ。

 国内において、データサイエンスを含むビッグデータ・AIを活用できる人材育成の先駆者となり、データ活用領域での日本企業の競争力強化に貢献していくとしている。

 まず、4月に第1回データサイエンティスト特別養成コース「DataScienceBOOTCAMP」を開講し、今後年2回のペースで実施していく。第1回の開講にあたり、2月中旬から、AIやデータサイエンスの分野への関心が高く、素養を持つ人材を社内外から広く募集する。

 約3か月間の集中育成プログラムでは、ディープラーニングなどAIに必須のコンテンツを準備する予定であるほか、一流メンターの助言のもと、SOMPOホールディングスが実際に保有する自動車の走行データや健康関連データなどのビッグデータを利用し、実践的なデータ分析からデータ活用ビジネスの企画提案まで行うという。

 今後、SOMPOホールディングスは、早期の人材育成を通じて、将来的な競争力を大きく左右する可能性のあるビッグデータ・AI等を積極的に活用し、グループ事業全体のオペレーションや商品、サービスの改革を推進し、顧客にさらなる「安心・安全・健康」を提供していくとしている。