「SmartHR」が「MFクラウド給与」が連携、人事と給与の一括管理が可能に

社会保険・雇用保険の手続きにも必要な給与データの一括取得が実現

 SmartHRは、同社が提供するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」が、マネーフォワードが提供するクラウド型給与計算ソフト「MFクラウド給与」との連携を8月4日から拡大することを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] HRTech 会計・経理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SmartHRは、2016年5月に「 SmartHR for Developers 」を公開し、同時にMFクラウド給与と、従業員データのシステム連携を行った。これにより、「SmartHR」で入社手続きを行った従業員情報を、ワンクリックでMFクラウド給与に取り込むことが可能になった。

 今回、連携できる項目をさらに拡大させ、「MFクラウド給与」内で確定した給与および賞与に関わるデータを「SmartHR」に反映する機能の提供を開始する。

 今回の連携により「MFクラウド給与」から「SmartHR」に取込みが可能になるデータは次のとおり。

  • 給与計算結果:支給控除一覧のうち給与明細に関わる支給項目・勤怠項目・控除項目の集計結果
  • 賞与計算結果:支給控除一覧(賞与)のうち賞与明細に関わる支給項目・勤怠項目・控除項目の集計結果
  • 支給項目設定、控除項目設定:設定された支給項目および勤怠項目のすべて

 「SmartHR」は、これまで9つのサービスとAPI連携をしているほか、「SmartHR」を導入している企業であれば社内システムとデータ連携が可能になる「SmartHR for Developer」もオープンにしている。