UDSがビジネスデザインスクールを開講。 コワーキングスペースLEAGUEにて「企画の立て方」「インバウンド」など4講座。

空間プロデュースやコミュニティの開発をおこなうUDSがビジネスデザインスクールを開講する。 運営するコワーキングスペース「LEAGUE」の銀座、有楽町各拠点にて2017年4月より4講座同時開講予定。3月2日におこなわれたキックオフイベントでは、各コースの講師、コーディネイターがコース内容を紹介した。Biz/Zine編集部が発行に協力した『プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32』も講座テキストとして予定されている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UDSはビジネスのベースとなる「企画の立て方」や、まちづくりを行う上で論点となる「食と農」「地域ブランディング」「インバウンド」などのナレッジを共有し学ぶビジネスデザインスクールを開講する。

各コースの講師は、宮治勇輔氏、井庭崇氏、新井宏征氏、市田恭子氏、村山慶輔氏が担当し、それぞれ6回の講座が開かれる。また毎回ゲスト講師も招かれる予定。
各講座は有料。LEAGUE会員は割引となる。

FARMERS LABO (食と農)

「地域食材を活用したコミュ二ティ・プロデュース講座」

生産者でありながら、みやじ豚ブランドや六本木農園の立ち上げも行うなど、 事業家としての視点から次のビジネスに繋がる実践の場をつくる。
講師は農家のこせがれネットワーク代表・宮治勇輔氏

PROJECT DESIGN LABO (プロジェクトデザイン)

「企画の立て方のナレッジシェア講座」

新規事業やプロデュースの企画のコツ32個を紹介した「プロジェクト・デザイン・パターン」 や「シナリオプランニング」を使用しながら、あらゆるビジネスの基礎となる企画の<発想〜戦略〜ナレッジマネジメント>を身につける。

講師は「プロジェクト・デザイン・パターン」は慶應義塾大学准教授の井庭崇氏、「シナリオ・プランニング」はスタイリッシュ・アイデアの新井宏征氏

LOCAL BRANDING LABO (地域ブランディング)

「魅力を引き出す地域ブランディング戦略講座」

日本橋に2017年開業予定の「滋賀県首都圏情報発信拠点」のケーススタディに参加しながら「滋賀県」を題材にした地域ブランディングについて学ぶ。
講師は「湖の国のかたち」の市田恭子氏。

INBOUND LABO (インバウンド)

「実践的なインバウンドマーケティング講座」

インバウンド事業向けサービスを国内でいち早く手がけてきた株式会社やまとごころと連動し、ビジネスモデルや国内外の事例、ツアーやおもてなし人材について学ぶ。
講師は、株式会社やまとごころの村山慶輔氏

各講座の詳細はこちら
http://league-brands.jp/labo/