PR

マイクロソフト西脇氏とブイキューブ間下社長が語るパワフル出張術

日本マイクロソフトのエバンジェリストとして、また個人のプロジェクトでのコミュニケーションスキルやプレゼンの教育者として、東奔西走する西脇資哲氏。最近では、TV・ラジオでの露出も増え、そのパワフルな仕事スタイルにますます磨きがかかる。一方、ブイキューブの間下社長もシンガポールに居を構え、グローバルな拠点を移動しながら、自社のWeb会議/TV会議システムの活用を実践している。 多忙を極めながらも楽しげな二人の対話から、これからのビジネス出張や移動時のコミュニケーション、働き方などのヒントを探る。

[公開日]

[取材・構成] 伊藤 真美

[タグ] ワークスタイルIT ビジネススキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートの時代だからこそ「その人がいる価値」は高まる

西脇資哲氏
西脇資哲氏日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員・エバンジェリスト
日本オラクルでプロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当した後、09年12月にマイクロソフトへ移籍し現職。基本的にインターネット関連製品に軸足を置き、マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通している。 IT業界屈指のカリスマプレゼンター/デモンストレーターでもある。 著書に『エバンジェリスト養成講座~究極のプレゼンハック100~』、『プレゼンは“目線”で決まる』、TOKYO FMのラジオ番組 乃木坂46の若月佑美と『エバンジェリストスクール!』を放映中。

間下:
西脇さんと言えば、マイクロソフトのカリスマエバンジェリストである傍ら、様々な企業への講演・講座で全国を飛び回り、最近だとテレビやラジオにも出演されていますよね。

西脇:
はい、マイクロソフトはプロフィールの一部として紹介されますが、個人としての活動も盛んに行っています。それもマイクロソフトのカルチャーのおかげですね。個人活動を奨励する風土や文化もあるんですよ。ただし単に外資系だからというわけではなく、誰かがリーダーシップを取って、ロールモデルとなってきたからです。

間下:
そうした広げ方というのは見習いたいものですね。やっぱり出張は多いんですか。

西脇:
多いですね。リモートでどこにいても仕事ができるんだから、家にいるだろうと思われがちなんですが、むしろ逆。どこにいても仕事ができるんだから、出かけてしまえと(笑)。エバンジェリストとしてプレゼンテーションや講演も多いですが、ドローンビジネスや教育関連でも各地から声が掛かります。
間下さんも、現在シンガポールを拠点にされていらっしゃいますが、やっぱり移動が多いんじゃないですか。

間下:
ええ、「なぜテレビ会議の会社の社長が年間50万km以上も航空機に乗るんだ」って揶揄されますけれど(笑)。しかし、デジタルコミュニケーションツールの利点は「どこでも仕事ができる」と同時に、「行くべきところに行ける」ことだと思うんです。つまり、責任が重くなるほど、キーパーソンに会う、記者会見を行う、握手をするなど「その人がそこにいる価値」が高くなりますから、環境にしばられず動けるということですからね。

西脇:
それは私も感じますね。プレゼンテーションを受ける機会が少ない地方だと、「あのマイクロソフトの西脇さんが来てくれた!」って東京での何倍も感謝されるんです。おそらく話の内容以上に、「僕の体がそこにあること」に価値を見出してくれている。そこは絶対リモートで置き換えられないですからね。

間下:
そう、「無駄なところに行かなくてもいい」というメリット以上に、「どこにいてもいい」というメリットが大きい。どこにいてもコミュニケーションがとれるとなれば、会社にいなくてもいいわけですから。

間下直晃氏

間下直晃氏 株式会社ブイキューブ 代表取締役社長 CEO。
1977年生まれ、慶應義塾大学大学院修了。 慶應義塾大学在学中の1998年に、Webソリューションサービス事業を行なう有限会社ブイキューブインターネット(現:株式会社ブイキューブ)を設立。その後、ビジュアルコミュニケーション事業へ転換し、2008年よりWeb会議市場における国内シェアナンバーワンを獲得、その後も10年連続で首位を獲得している(※)。マレーシア、シンガポール、インドネシアなど8カ国に現地法人を設立。2013年1月よりシンガポールに移住し、海外での事業展開を積極的に進めている。
(※株式会社シード・プランニング「2017 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション周辺ビジネス動向」より)

バックナンバー