自動運転ラボ、2019年版「自動運転・MaaS領域におこる変化・潮流10大予測」を発表

 ストロボが運営する自動運転専門ニュースメディア『自動運転ラボ』は、2019年版の「自動運転・MaaS領域におこる変化・潮流10大予測」を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー 自動運転 MaaS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年は、日本国内ではソフトバンクとトヨタ自動車との提携や、米ウーバーや中国DiDiなどのタクシー配車サービス参入が話題となった。海外ではグーグル系企業のウェイモが自動運転タクシーの実用化を発表した。また、コネクテッドカーの普及や空飛ぶクルマの開発も大きな話題となった。

 ストロボが運営する自動運転専門ニュースメディア『自動運転ラボ』は、2019年が2020年に向けた企業のさまざま取り組みが表面化する1年になるとして、「自動運転・MaaS領域におこる変化・潮流10大予測」を発表した。

  1. レベル3搭載の市販車、国内でも発表へ
  2. 自動運転タクシー・バスの実用化に向けた実験活発化
  3. タクシー業界が超戦国時代化、プロモーション合戦も
  4. 「トヨタ×ソフトバンク」に続き、IT企業巻き込む連携加速
  5. 空飛ぶクルマ、日本初の有人飛行実施で投資マネー急流入か
  6. 改正道路交通法の成立見越し、保険業界が商品開発に注力
  7. 次なる注目は「自動運転車の中」の覇権争い
  8. LiDARが低価格化、数百万円から数万円に?
  9. サブスク型など車の所有の在り方が変わるサービス続々
  10. 技術者不足深刻化…日本でも欧米流のドライな引き抜き合戦