SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

出光興産三枝氏が語る、新事業創出・全社変革・DX人材育成の取り組み

-[Vol.380]--------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方へ
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
------------------------------------------------------------------


[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピック!
[2] イベント情報1
[3] イベント情報2
[4] 新着記事紹介
[5] 新着ニュース
[6] 配信停止の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Biz/Zine(ビズジン)編集部の梶川です。

「トップランナーに聞くDX最前線」第2回を公開しました。

今回のゲストは、出光興産の三枝幸夫氏。
2020年にブリヂストンから出光興産に移って以降、
様々な新サービスを生み出したり、
全社DXを進めたりしています。

本記事では、
・スタートアップとの協業による新事業の創出
・サービスステーションを中心としたエコシステムの構築
・3つの社内教育システム
・DX部門の組織づくりと人材育成
について伺っています。

化石燃料ビジネスの縮小ペースが加速している出光興産で、
三枝氏はどのように変革を推進しているのでしょうか。

▼「経営陣の考えを実務に落とし込む」出光興産三枝氏が語る、
新事業創出・全社変革・DX人材育成
https://bizzine.jp/article/detail/7456?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email 

★企業の事業開発と経営戦略・組織開発に関する
記事やセミナーなどの最新情報はここからチェック!
・Biz/Zine Twitterページ
 https://twitter.com/SE_bizzine
・Biz/Zine Facebookページ
 https://www.facebook.com/bizzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] イベント情報1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客視点からサービスの全体像を描く、サービスデザインとCJMを学ぶ

本講座では、サービスデザインの概要を学び、
カスタマージャーニーマップ(CJM)の役割、活用方法、CJMを描いた後に
何を行うか等の全体像の把握を目指します。

講座では、サービスデザインの講義、CJMを実際に制作するワークショップ、
グループでの発表と評価を行います。

ビジネスで実際に活用する際の基礎を実践的に体験いただきます。
講師はコンセントの赤羽太郎氏、猪瀬景子氏です。

【名 称】[オンライン版]サービスデザインの現場から
          ~カスタマージャーニーマップの役割とそのつくり方~
【日 時】2022年8月3日(水)10:00~18:00
【会 場】オンライン(Zoomにて)
【参加費】66,000円(税込)※講座テキスト(PDF)代含む
【詳 細】 https://event.shoeisha.jp/bza/cjm-online?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] イベント情報2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感謝記念価格で提供!人気講師・柏木吉基に学ぶ、データ分析講座[8/25開催]

本講座では、多くのビジネスパーソンが日々の業務で実際にデータ分析を活用する
ための「考え方」とデータ分析の基礎的な「手法」を併せて提供します。

具体的には、6つのステップで行うデータ分析を基本的なユニットとしています。

1:課題を適切、具体的に定義する
2:仮説アプローチを徹底する
3:課題を特定するデータ分解の軸を見極める
4:データの特徴を多面的に把握する4つの引き出しを武器にする
5:2軸の視点で、データ間の関係性に着目し、ストーリーを作る(相関関係)
6:2データの関係を数値化し具体的な実行計画につなげる(単回帰分析)

講師・柏木吉基氏によるによる実務家のための実践講座です。

【名 称】 「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座
【日 時】 2022年8月25日(木)10:00~16:00
【会 場】 オンライン(Zoomにて)
【参加費】 49,500円(税込) ※講座テキスト(PDF)代含む
【詳 細】 https://event.shoeisha.jp/bza/logical-online?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 新着記事:2本(2022-07-11~2022-07-18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「経営陣の考えを実務に落とし込む」出光興産三枝氏が語る、新事業創出・全社
変革・DX人材育成
 三枝 幸夫[語り手]/佐藤 友美[著]
 多くの企業が取り組んでいる「DX」を、「デジタルの活用による事業変革・経営
変革」と捉え、それを経営レベルで実践しているトップランナーたちの話から、日
本企業のDXの未来を示す本連載。第2回は、ブリヂストンからの移籍後2年半で次々
と新プロジェクトを立ち上げている出光興産の三枝幸夫氏にお話を伺いました。
聞き手はSansan株式会社 デジタル戦略統括室 室長の柿崎充氏です。
※取材はマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保って行っています。
https://bizzine.jp/article/detail/7456?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

◆村田製作所の事業拡大を支える知財部門──戦略策定から事業部門・経営企画
部門と連携し進めるM&Aの全容
 伊藤 真美[著]
 企業が持つ“知的財産(知財)”は、単なる技術ノウハウや創作物などではな
く、時にM&Aの目的にもなるほど魅力的な存在である。しかし、M&A候補となる
他社が持つ知財のポテンシャルを、どう評価すればよいのか。また、自社に恩恵
をもたらしてくれる知財を持つ企業を、どう探せばよいのか。知財を企業の成長
に結びつける上で、こういった悩みを抱えているケースが少なくない。
 そこで、2022年6月2日に開催された「PatentSight Summit 2022『経営の知とな
るIPコミュニケーション』」にて、株式会社村田製作所 執行役員 知的財産グルー
プ統括部長 兼 同グループ知財企画部部長 谷野能孝氏が登壇。知財部長としての
視点、およびこれまでの経験をもとに、企業のM&Aにおける知財の位置づけ、事業
成長と知財の関係性について語った。
https://bizzine.jp/article/detail/7582?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 新着ニュース:27本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・丸紅と大阪ガス、ペルーにてメタネーション事業の事業性を調査・検討へ
(07/15)
 https://bizzine.jp/article/detail/7907?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・デロイト トーマツと大阪府、空飛ぶクルマの実現に向け成長産業振興施策の推
進に関する連携協定を締結(07/15)
 https://bizzine.jp/article/detail/7906?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・日本IBM、ITアーキテクチャーを発表 リアルとデジタルを一体化し顧客体験の
提供を加速(07/14)
 https://bizzine.jp/article/detail/7905?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・OSS、エネルギーソリューション事業に新規参入 電気自動車の電力高騰を回避
する新サービスを提供(07/14)
 https://bizzine.jp/article/detail/7903?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・日立ハイテク、天空橋にヘルスケア事業の協創拠点「ヘルスケアイノベーション
センター東京」を創設(07/14)
 https://bizzine.jp/article/detail/7904?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・TIS、「予測型経営DXサービス」に予予分析業務テンプレートを追加 計画と予
測の差異分析が可能に(07/14)
 https://bizzine.jp/article/detail/7902?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・パナソニックHD、2050年目標に向け2024年までの環境行動計画策定 CO2ゼロ
工場数37を目指す(07/14)
 https://bizzine.jp/article/detail/7901?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・Relic、北陸地方のイノベーター人材発掘・育成とイノベーション創出へ富山市
に拠点を開設(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7896?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・NRI、CXを顧客視点でスコアリングする「CX診断メニュー」の提供を開始
(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7897?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・日本総研、自動運転移動サービスと道路管理の包括運営モデルの検討を開始
(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7898?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・セールスフォース・ジャパン、東京きらぼしがFinancial Services Cloud採用と
発表(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7894?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・トッパントラベル、出張全体に対するCO2排出量を算出・可視化する脱炭素
ソリューションを提供開始(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7893?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・FRONTEO、経済安全保障ソリューションに新機能追加 自社サプライチェーンの
外側をリスク把握可能に(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7892?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・NTTリミテッド・ジャパンら4社、日米をつなぐ太平洋横断海底通信ケーブルを
運営する新事業会社設立(07/13)
 https://bizzine.jp/article/detail/7891?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・富士通と帝人、リサイクル素材の環境価値化プラットフォーム立ち上げへ共同
プロジェクトを開始(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7883?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・ソフトバンク、AI活用について6つの項目で指針を定めた「ソフトバンクAI倫理
ポリシー」を策定(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7884?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・NTTデータとSAP、サプライチェーン保健管理を強化するソリューションを開発
(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7885?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・日立製作所、金融機関の取引先のDXを支援するポータルサービスの提供を
7月18日より開始(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7886?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・メンバーズ、サーキュラー・ストラテジー・ソリューション提供開始 脱炭素と
持続的事業成長の同時実現支援(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7882?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・博報堂とb8ta Japan、体験型ストアで新規事業への関心・受容性などの分析・
検証できる支援を開始(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7880?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・日本IBM、「世界のAI導入状況 2022年(日本語版)」を発表(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7881?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・Sun*、GitHubのパートナー企業として認定 アジャイル開発に向けた組織開発や
PoC支援可能に(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7878?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・FRONTEOとNTT東日本、自然言語AIを用いたデジタルヘルスの展開に向け協業へ
(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7879?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・【本日13時締切】コニカミノルタ、横河電機、ヤマハ発動機などの組織・現場の
DX最前線を知るイベント(07/12)
 https://bizzine.jp/article/detail/7877?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・NECソリューションイノベータ、IoTを活用して工場全体を可視化するソリュー
ションの提供を開始(07/11)
 https://bizzine.jp/article/detail/7874?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・コニカミノルタとアメニディが機密情報管理・配信サービスで協業(07/11)
 https://bizzine.jp/article/detail/7875?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email

・TIS、中国の自動運転EVスタートアップ企業と資本・業務提携(07/11)
 https://bizzine.jp/article/detail/7876?utm_source=bizzine_regular_20220718&utm_medium=email


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/bz?token=&utm_source=24668&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/bz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 Biz/Zine 編集部
(c)2014 SHOEISHA. All rights reserved.