mercari R4D、スマートグラスに最適化したフリマアプリ「メルカリ」の実証実験を開始

 メルカリの自社研究開発組織「mercari R4D」は、フリマアプリ「メルカリ」のスマートグラスに最適化したUI/UXの検証を目的とした実証実験の開始を発表した。1月8日からラスベガスで開催されるCES2019では、プロトタイプ版を公開予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー AR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「mercari R4D」では、XR(AR・VR・MR)やAI技術を活用した研究開発と社会実装を進めている。今回、「メルカリ」において、スマートグラスに最適化した情報検索と売買体験に関する実証実験の開始を発表した。

 今回の実証実験では、スマートグラスのカメラ画像から、特定の情報を得る検証を行うという。「商品を人差し指で指す」というジェスチャーのみで、「メルカリ」に出品されている類似商品を検索し、同商品の販売価格を表示させることができるという。また、商品情報を確認後、親指を立てる動作を行うことで、アプリ内の「お気に入り」に登録することも可能に。将来的には、スマートグラスを通し、「メルカリ」での商品の購入や出品を、ハンドジェスチャーのみで可能にすることを目指すとしている。

 今回の機能では、プライバシーを尊重するため、端末側のみで単独処理する「エッジAI技術」を使用するという。また、情報検索に関しても、人差し指で指した箇所のみを対象としている。

 メルカリは、2019年1月8日からネバダ州ラスベガスで開催される「CES 2019」のVuzixブースにてプロトタイプを公開するという(要事前予約)。

スマートグラスに最適化した「メルカリ」における情報検索