連載・コラム Biz/Zineセミナーレポート

PR

マイクロソフトが新たに提唱する「CAF」成功に基づくフレームワークとは

 企業・組織においてDXの推進が加速している中で、従来よりも柔軟かつスピードのあるクラウドを基盤としたビジネス戦略の策定やサービスの展開が求められるようになっている。その中で、マイクロソフトが提唱しているのが「CAF(Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure)」という新たなフレームワークだ。今回は、マイクロソフト主催のイベントに参加し、このCAFとはどのようなものなのか優位性はどこにあるのかを探っていく。

[公開日]

[著] EnterpriseZine編集部

[タグ] Azure Microsoft イベント

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍でさらに高まるクラウド需要

 クラウドの時代となり企業においてはその環境整備が急務となっている。政府により提唱された「Society5.0」や働き方改革の実現に向け、いわゆるDXが推進され始めたこともあり、企業は従来のITインフラはもちろん自社のIT戦略自体を大きく見直さなければならない岐路に立たされている。

 実際に、2020年10月14日に開かれた日本マイクロソフトによる「Microsoft Azure」製品戦略の記者説明会では、IDC Japanが公表している「国内パブリッククラウドサービス市場予測」を引き合いに、SaaS・PaaSの2019年から2024年にかけての売上額は約20%の伸びが予想されると発表されている。

 その中でも、「Microsoft Azure」は約80%以上の年次成長率での市場拡大をみせている。特に、新型コロナウイルス感染症の影響もありDXが加速していくことが予想される状況下では従来よりもその需要は高まっていくことが予想される。

 一方で、企業にとって導入のプロセスや環境構築という技術的なハードルはもちろん、どのように管理・運用を行うことでビジネス戦略に寄与するのかなど、クラウドによって得ることのできる効果を測ることの難しさも1つの壁となっているだろう。

 そこで、各クラウドベンダーはクラウド導入のベストプラクティスとして、独自のフレームワークを提供している。前述したマイクロソフトもAzure導入のフレームワークとして「Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure」、通称「CAF」というものを用意している。

 とはいえ、このCAFについて詳しく知らなかったり、どのような役割を果たすものなのかイマイチ理解できていなかったりする人も多いのではないだろうか。そうした背景も踏まえて、今回は日本マイクロソフト主催の「CAF Partner Day 2020」に参加し、CAFの概要から目的までをお伝えしたい。

バックナンバー