Biz/Zineニュース

東大発のベンチャーIzumoBASEが秘密分散機能搭載のSDS製品「IzumoFS」を発表

Linuxサーバー上で複数サーバーを束ねたスケールアウトNASを容易に構築

 IzumoBASE(東京都文京区)は、世界初となる秘密分散機能搭載のSoftware-Defined Storage(SDS)製品「IzumoFS」を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「IzumoFS」は、汎用Linuxサーバー上で動作するソフトウエアとして、複数サーバーを束ねたスケールアウトNASを容易に構築するという。拠点をまたいだ広域クラスタリングをサポートし、3台からのスモールスタートで容易にDR(Disaster Recovery)対策が実現可能だとしている。

 また、インライン重複排除機能を標準で提供しているため、高い容量効率とキャッシュヒット率を実現する。冗長化方式として、性能重視のレプリケーション方式とセキュリティ重視の秘密分散方式が選択可能。

 IzumoBASEのミッションステートメントは「ストレージを真にインフラにする」ことで、これを実現するため、インストールと運用の簡素化を徹底的に追求しているという。

 その結果、「IzumoFS」はわずか2ステップ、60秒でのインストールと管理GUIの刷新により運用の簡素化とコストの大幅削減を実現したという。

 「IzumoFS」の特徴は、次のとおり。

  1. 個人情報保護のマイナンバー時代を見据えた秘密分散によるデータ保護機能
  2. 性能重視のレプリケーション方式とセキュリティ重視の秘密分散方式を選択可能
  3. 汎用Linuxサーバー上で動作するソフトウエアとして提供
  4. 複数サーバーを束ねるスケールアウトNASの構築
  5. 広域クラスタリングへの適用
  6. インライン重複排除の標準装備
  7. インストール/運用の簡素化を徹底的に追求

 IzumoBASEは、2012年に設立された東大発のSDSスタートアップ。代表である荒川淳平は東京大学で「ストレージの仮想化および分散ストレージ」の研究を行い、これをもとに、SDS製品「IzumoFS」を開発した。