Biz/Zineニュース

東京大学とワークスアプリケーションズ、「人事を科学する」研究会をスタート

日本の人事が抱える課題への統計学的アプローチ

 ワークスアプリケーションズ(東京都港区)は、東京大学(東京都文京区)との共同研究プロジェクトである「人事情報活用研究会」をスタートしたと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワークスは、2009年から日本企業が抱える課題に対し既存顧客の協力のもと「COMPANY」で管理している実データについて専門家による研究を行い、研究結果を広く社会に反映していくことで日本企業の生産性向上に貢献することを目指したプロジェクト、「COMPANY Innovation Academy」(CIA)を推進している。

 この研究会は、CIAの一環として東京大学と共催で立ち上げたもので、企業の人事データ分析に意欲的に取り組んでいる人事経済学の第一人者、東京大学社会科学研究所の大湾秀雄教授をリーダーに迎え、大手企業の人事データを定量的に分析しながら、人事部門が抱える課題への統計学的アプローチについて議論を行っていくという。

 11月11日(水)に第2期の第1回研究会が開催され、参加企業から人事情報を分析する必要性を感じながらも、実際にはデータを活用できていないという現状への問題意識や、研究会を通して統計学の知識を身につけ、自社での業務に還元したいという意欲などが報告された。

 この研究会では、今後約1年を通して、毎回大湾教授より分析課題が出題される予定で、参加者は次回の研究テーマに沿った分析課題に取り組むことで、自社データを用いた実践的な分析手法を学ぶという。

研究会のようす