SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

キヤノン、米国での特許取得件数が11年連続日本企業で第1位

全世界の企業中でも3位に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 キヤノンは、米国の特許専門調査会社IFI CLAIMSパテントサービスによる、2015年の米国特許商標庁(USPTO)に登録された特許数(速報値)において、昨年に引き続きキヤノンが日本企業で最多の第1位となり、世界における全企業のなかでは第3位になったと発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 キヤノンでは、日本国内はもとより海外での特許取得を重視しており、地域ごとの事業戦略や技術・製品動向を踏まえた上で特許の権利化を推進しているという。特に米国は、世界最先端の技術をもつ企業が多く市場規模も大きいことから、米国での特許出願については、事業拡大、技術提携の双方の視点から注力しているという。

 ■米国特許取得件数における日本企業中のキヤノンのランキングおよび特許取得件数(カッコ内は世界における全企業中のランキング)

  • 2015年 1位(3位)4,134件
  • 2014年 1位(3位)4,055件
  • 2013年 1位(3位)3,820件
  • 2012年 1位(3位)3,173件
  • 2011年 1位(3位)2,818件
  • 2010年 1位(4位)2,551件
  • 2009年 1位(4位)2,200件
  • 2008年 1位(3位)2,107件
  • 2007年 1位(3位)1,983件
  • 2006年 1位(3位)2,366件
  • 2005年 1位(2位)1,829件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
提供元ページ
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング