OKI、車両の360度リアルタイム自由視点俯瞰映像を用いて建設機械を遠隔操縦する実証実験を開始

 OKIは、コマツの建設機械の遠隔制御システムに、OKIの車両周辺の俯瞰映像モニタリングが可能なシステム「フライングビュー」を活用した実証実験を10月1日より「コマツIoTセンタ東京」にて開始したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット テクノロジー 5G

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この実証実験は、コマツが実施している5Gによる建設機械の遠隔制御の実証実験に、OKIの「フライングビュー」を適用することにより、ほぼ死角のない自由視点での遠隔モニタリングの検証を新たに実施するもの。これにより、OKIとコマツは、建設機械の遠隔操縦の早期実用化を目指すとしている。

 この実験で使用するOKIの「フライングビュー」は、建設機械に搭載した4台のカメラと映像合成部、送受信部で構成される。

 カメラ映像の合成は、映像処理能力の高いFPGA(製造後に購入者や設計者が構成を設定できる集積回路)上で行う。それにより、リアルタイムかつ小型省電力のシステムでの大容量高画質の映像処理が実現でき、建設機械の全周囲で、リアルタイムにシームレスな広域エリアの俯瞰映像モニタリングが可能になるという。また、コマツの部分映像モニタリングは、建設機械の前後およびブレード部を撮影する高精細カメラで作業部分の状況把握を行うとしている。

 これらの俯瞰および部分映像は、コマツが実証試験を行っている5Gを経由して、千葉県千葉市美浜区の「コマツIoTセンタ東京」の建設機械から、遠隔地である幕張メッセ「CEATEC JAPAN 2018」展示会の「コックピット」に伝送され、遠隔操縦者の建設機械の操縦支援に用いられるという。

 同様に展示会場内の「コックピット」から、5Gを経由して建設機械へ制御信号を伝送し、5Gの低遅延かつ高速な通信の特性による映像と制御信号の双方向におけるリアルタイムな通信の検証を行うとしている。